KFエンジンのチューニングメニュー開…

KFエンジンのチューニングメニュー開発に日夜

励むハーフウェイ。エンジンの強度や耐久性を

見るためにシリンダーをカットし各部の厚みや

材質を調べています。過去にはカプチーノのK6A

エンジンを水圧でカットしたことも。

オールアルミエンジンの場合はここまでやります。

カムを交換したりエンジンをばらしたり…

カムを交換したりエンジンをばらしたりするとバルブ

クリアランスを調整する必要があります。

デミオのように直打式のバルブ機構を使用しているエンジンの

場合、1度エンジンを組みあげた後にバルブクリアランスを

調整し適正値を計算します。その後、もう1度エンジンを

ばらしてシムを交換するため、非常に手間がかかります。

でもこの手間を惜しむと異音が出たり性能が出ないことも

あるので欠かせない作業です。細かい作業の積み重ねが

性能を生み出します。

現在、新しいエンジンチューニングの開…

現在、新しいエンジンチューニングの開発が

行われています。お客様にお届けできるメニューに

なるまで何度も自社のエンジンでテストが続きます。

飲食店と同じように秘伝の隠し味を加え納得いく味付けを

探し続けます。新メニュー開発に時間はかかりますが

その間もチューナー達は楽しそうです!

ハーフウェイでエンジンオーバーホール…

ハーフウェイでエンジンオーバーホールをしたり

コンプリートエンジンを製作する場合、必ずブロック、

ヘッド上面の修正面研を行います。

価格を抑えるために部品だけを交換してエンジンを製作

することはできますが、不調のあったエンジンの面は

目には見えなくても歪んでいます。面を修正せず組み上げる

エンジンとブロックもヘッドもしっかりと面を出した

エンジンではその後の耐久性、性能に大きな差がでてきます。

写真はエッセのKFエンジンとデミオのZYエンジンで

どちらも修正面研を行っています。

エンジンオーバーホールの金額もお見せによってまちまちですが

高いのには理由があります。

MR-SにVTECをスワップしたらそこがgoal…

MR-SにVTECをスワップしたらそこがgoalではありません。

むしろそこからのステップアップメニューを楽しんで

いただきたいところ。

オススメがこのカムと強化バルブスプリングを組み込んで

コンピュータでセッティングするメニューです。

スワップエンジンをオーバーホールしてから積み込む場合

こちらのパーツを最初から組み込む方も多いです。

MR-S with VTECはあくまでもチューニングを楽しむ

ベース車としてのstartです。