Thermal shield でなんと!!

Thermal shield でなんと!!

車両に変化が!!

写真はコペンですが、今回JB23Wジムニーで

タービンからリアテールまで

排気ライン全てにThermal shieldを施工し

インタークーラーにThermal radittを施工しました。

その後、現車セッティング。

こちらのお車は既に何度も現車セッティングを

行っていただいており今までの推移を

把握しているお車。

今回はThermal shield & radittの施工だけだったので

リセッティングは特に不要ですよとご案内したのですが

お客様のご希望でセッティングを行うことに。

そこでリセッティングをするとなんと

パワーに変化が!!

AT車でタービン交換をされているので今までは

低中速が弱い感じだったのですが

実走してみると立ち上がりから中速にかけて

よくなった!!と変化が!!

別のラリーカーでもパーシャルからの

アクセルの突きが全然違うと聞いていたのですが

なるほど!中速は明らかに良くなっていると

感じました!!

Thermal shield恐るべし!!!

エッセ エンジンスワップ!!

エッセ エンジンスワップ!!

先日納車したお客様から嬉しいメールを

いただいたのでご紹介いたします!!

 

 
エッセ!

もう加速とトルクが別物ですね。

NA時代は加速したい時、高回転まで引っ張って

シフトアップしていたのを5速ホールドのままでも

アクセルを踏めばとめどなく加速するようになりました。

モリモリのトルクで「なんじゃ~これは!」の

レベルです。

MT車に乗っていることを忘れてAT車のように

運転が楽になりました。

気持ちよく加速を楽しみたいならばギヤを落とし

引っ張れば、もう別物の加速を体感できます。

エッセの運転が最高に楽しくなりました(笑)

すばらしい車に仕上げていただき感謝です。

やっぱりハーフウェイさんは信頼できるショップで

間違いがありませんでした。

このエッセは、今まで以上に大事にしていきたい

と思います。 

 

スーパーイエロー早速、注入しました。

教えてもらったとおりエンジンが熱い状態で、

これでもかというくらい振って注入し

10㎞程度走り馴染ませました。

感想ですが、エンジン音が静か!

踏めば更にトルクフルかつ軽く回るようになりました。

これはすごい!リピート決定です。
 
(原文ママ)
 

  
エッセの運転が楽しくなったというのが

何より一番嬉しいですね!!!!

『楽しいから車を大切にする』

メンテナンスが疎かになっている方は

その車の楽しさが足りないのかもしれません。

1人でも多くの方に車が楽しくなった!と

喜んでもらえるように今日も手を動かす

ハーフウェイでした!!

MR-S with VTEC!!

MR-S with VTEC!!

VTECを搭載後、サーキット走行を楽しまれている

お客様からの依頼でオイルクーラー取り付け中。

オイルクーラー取り付けの言葉だけだと

非常に楽そうな作業ですが、

何もない空間にその車の仕様や使い方を考えながら

ラインの取り回しや取り付け方を決めるのって

なかなか大変なんですよね。

ハーフウェイのデモカーにも

オイルクーラーを装着していましたが

マフラーが違っていたり、4スロを装着していたりと

同じラインで取り付けすることができません。

お客様のハードな走りに耐えらえるように

この車にあったラインで取り付けを行っています。

GCATタービンTypeBの特徴をご紹介します!

GCATタービンTypeBの特徴をご紹介します!

この度、JB23W用に新発売されたGCATタービン!

タービンホイールを大径化。
 

イン側の羽は純正とほぼ同じサイズですが

エキゾースト側の羽を大きくしています。

エキゾースト側の羽を大きくしてやることにより

高回転域で詰まり気味の排気がエキゾーストポートが

大きくなることでスムーズに抜けていき

軽快な吹きあがりを実現します。
 

羽が小さいと高回転では羽が壁となり排気が

詰まりやすくなります。

かといって羽をどこまでも大きくすればいいのか

ということではなく

羽を大きくすれば直径が大きくなる分

1回転するまでにかかる時間が長くなります。

(フィギュアスケート選手が手を体にくっつけて回る

スピンと手を広げて回るスピンでは

回転のスピードが違いますよね?)

径を大きくするとノーマルより回転数が下がり

立ち上がりが遅くなったり

羽の形状によってはノーマルと大差が無かったり…。
 

このようにタービンはバランスが肝心。

今回のTypeBはノーマルよりワンランク上の

タービンを目指し

中低速も失わない仕様になっています。

走行距離が伸びてタービンがへたってきた、

オイルがにじんできた…

などメンテナンスが必要なタービンに

プラスチューンがコンセプト!

中低速を犠牲にしたハイパワータービンでは無く

ストリートで純正よりも楽しんでいただける

仕上がりになっています。

それでいてお値段は純正新品と同じ!! 

GCATタービンに合わせたコンピュータもご用意しており

コンピュータと合わせるとさらなるパワーアップを

図れます。

今後のタービンチョイスの中にGCATタービン

いかがでしょうか??

エッセKFターボスワップ!!

エッセKFターボスワップ!!

本日、納車です!!

KFターボエンジン搭載に

Thermal shieldに

ハイパワーメニュー施工と

ハーフウェイ一押しのチューニングメニューを

取り入れていただいた車両です!!

セッティングの結果は78PS!!

辛口ダイナパックで78PSはかなり出力でています!

NAのエッセはダイナパックで測定すると

38~42PSくらいなのでおおかた40PSのアップ!

これはもはや別物ですね!

オーナー様はNA時代しかご存じないため

驚いていただけることでしょう!

ターボ車にハイパワーメニューで

セッティングとThermal shieldで断熱!

お勧めの組み合わせです。

ジムニーJB23W コンピュータ&タービン!!

ジムニーJB23W コンピュータ&タービン!!

新商品第1弾発売開始!!

世間は新型ジムニー一色ですが

ハーフウェイはジムニーJB23W用の商品を

ラインナップ!!第一弾は

3つの仕様に分かれたスポーツECU!!!

そして、純正よりワンランク上のタービンその名も

GCATタービンを発売!!

長い間発売されているJB23Wはメンテナンスも必須。

でもメンテナンスだけにお金を使うのは何だかなあ

というユーザーのためにメンテンナンスにプラスして

チューニングも楽しんでもらえるメニューを

ご用意しました。

GCATタービンには発売時からThermal shield

施工済みです!!

詳細はこちらからご確認ください!!

http://www.halfway.co.jp/tuning_menu_jimny.html

スワップ用のKFターボエンジン!

スワップ用のKFターボエンジン!

走行距離20,000km代の綺麗なエンジンが

入荷しました!

エンジンスワップの価格に幅を持たせて

表記をしているのは搭載エンジンやミッションの

程度によって価格が変わるからです。

こちらのエンジンも次にスワップする方用に

探していたもの。

スワップのご注文をいただいてからエンジンを

探し始めるため、どんなエンジンが手に入るかは

その時になってみないとわかりません!

中には10,000km未満の極上エンジンが見つかることも。

エンジンスワップのお見積りが概算でしか

お出しできないのはこんな理由があるからなんです。

ちなみにエンジンスワップのように時間のかかる

メニューの年内締め切りが近づいてきました。

現在、ご予約多数のため作業に取り掛かれるように

なるまで入庫をお待ちいただいております。

人と同じようにエンジンとの出会いもご縁のものですね!

HALFWAYからのお願いです。

HALFWAYからのお願いです。

今ままで作業の予約時にはご予約を

いただいていたのですが

これからはチューニングのご相談など

作業を伴わないご来店の場合も

事前のご予約をお願い致します。

ご来店いただいた方はご存知かと思いますが

少数のスタッフで営業を行っております。

ご予約なしにご来店いただくと

他のお客様のご来店時間と重なると

待ち時間が発生してしまいます。

ご予約はお電話またはHPのお問い合わせフォームから

お願い致します。

皆様に快適に店頭でお過ごしいただけるように

ご協力をお願い致します(^o^)/

昨日もハイパワーメニュー!!

昨日もハイパワーメニュー!!

セッティングを進めていると今回も

色々ございました!笑

こちらのコペン、色々とチューニングを

施されてハイパワーメニューにご来店いただいたので

ノーマルとは特性が違う部分がありました。

でもハードでは部品を交換しているのに

ソフトはノーマルのまま。

その状態に当社が市販しているEDP-01の吸排気系

チューニングデータを使用されていたとのこと。

私たちからするとハードを交換しているのに

ソフトをリセッティングしていないの!?

という状態でございました。 

お客様のご希望もありハイパワーメニューの前に

現状を調べてみると…EDP-01の吸排気系データで

ずれてるなりにピークパワー69PS!

よく出ているなということでEDP-01をノーマルに

戻してみると…

高回転域では数馬力アップしていますが

低中速域ではノーマルを下回っている!!(゚Д゚;)

CVT車なのに低中速のトルクを使えないとは…

お客様もこの事実を知ってかなり驚かれていました。 

ということで現状を把握した時点でセッティング開始!

ハイパワーメニューは現車セッティングなので

初めて交換したパーツの能力が発揮できるように!!

特にハード変更で落ち込んでいる部分を補正するように

セッティングしたので低速から高速までパワーアップ!

いい感じに仕上がりました! 

やはりハードを交換した時点でセッティングを行わないと

今回のように使用する回転域でのパワーを失っていたり

交換したハードの能力を引き出すこともできません。

エアクリーナーやマフラーくらいであれば大丈夫ですが

特性が大きく変わるチューニングを行った場合は

ソフトによるリセッティング必須ですよー!

LA400コペン ハイパワーメニューに異変!?

LA400コペン ハイパワーメニューに異変!?

昨日、遠方よりご来店いただいたコペン!

普段、ハイパワーメニューは10時ごろに

ご来店いただき16時ごろに完了するのですが

ダイナパックでのセッティング中、

何やら車に異変が…。
 

CVT車だったのでパワーが上がり

CVTが滑りだしたのか??と思ったスタッフは

Super redを投入!!

やはりSuper redいいですね!

入れるだけで軽く+3馬力!!!

それだけ伝達ロスがあるということです。

ということでセッティング続行!!
  

セッティングも完了し通常通りパワーアップ!!

ダイナパックから外しスタッフが試走に行くと…
 
 

『4000回転前後でガツンとくる

酷い息継ぎが出てます!!!』

ということでそこから原因を調査。
 

EDP-01のデータを変更したり

故障診断器にかけたりとありとあらゆる

手を変え品を変え何回も試走に行くのですが

息継ぎの症状は治らず…。

パワーを落とすと症状が起きる回転数は変わるのですが

症状は出続けます。

とっくに閉店時間を過ぎお客様の帰宅時間もあり

もうそろそろ車両を預かって原因を究明するか

決断をしないといけない時間が。

ただパワーを上げたことによるCVTの滑りが

原因であればコンピュータセッティングでは

どうにもできません。

 
最終決断前に一度お客様にも症状を体感してもらおうと

試走していただくと帰ってきたお客様が一言。

「症状は確かに出ていましたが治ったと思います」

!?!?!?

よくよく聞いてみると走っている最中に

スロットルコントローラーを装着されていたのを

思い出されOFFにすると症状が治まりました!笑

『先に言ってくださいよ~(ノД`)・゜・。』とスタッフ。

「すいません(;^ω^)」とお客様!

スタッフ全員で大笑いしました!笑

もうスロットルコントローラーは外してくださいと

いうことでノーマルに戻し解決!!

何はともあれ原因がわかり無事に納車することが

できました!!!
 

今回の原因となったスロットルコントローラーは

回転域のポイントを変えてセッティングができる

タイプだったそうでノーマルパワーではその

症状は起きていなかったようですが

ハイパワーになったことでその症状が現れたようです。

急加速時に症状が出ていたため

スロットルコントローラーの処理が間に合わず

息継ぎに似た症状が出たのか、内部設計が

わからないため真相は不明でしたが

このようなトラブルを引き起こすとは

私たちもまた1つ勉強になりました。 

EDP-01装着時の電子機器の併用は基本的に

不可とさせていただいているのは

こういうことがあるからなんです。

スロットルコントローラーと併用できますか?

と聞かれてもそのメーカーがどのような基板設計で

どのようなソフトウェアの処理を行っているか

そのうえどのようなセッティングを行っているか

私たちには把握ができません。

内部設計のわからない機器同士を装着すると

思わぬトラブルが発生することがあります。

電子機器を装着される場合はその機器を

よく把握してから装着することをお勧めします!