L880Kコペンのタービン加工に

L880Kコペンのタービン加工に

断熱塗装Thermal shield施工!!

こちらは日帰りのメニューです!

今回のお客様はタービン加工に

スポーツ触媒のメタルキャタライザをプラス。

熱対策にThermal shieldを

触媒、タービン、EXマニに

施工していただきました!

事前にこちらでThermal shieldを

施工しているEXマニ等に交換する場合だと

タービン加工と同日施工の場合は

工賃もかかりません!

また日帰りで作業も完了するので

車を預けたり、長期に車が

止まってしまうこともありません。

外した純正品とThermal shieldでは

見た目もかなりカッコ良くなったのでは!?

チューニングをしてパワーが上がれば

熱対策は必須です。

水温対策のためにも断熱塗装

オススメですよ!

JBエンジンのOH!

JBエンジンのOH!

JBエンジンも年数が立ってきたので

ばらして組み立てるだけのOHは行いません。

ハーフウェイではボーリング、ホーニングは

もちろんですが

オーバーヒート等のトラブルが無くても

ヘッドやブロックの修正面研を無条件で行います。

オイルポンプケース等の部品も組付けた状態で

精度の高い機械加工を施し

組み立てることによって今から10万km安心して

乗っていただけるエンジンを生み出します。

JBも程度の良い中古エンジンが無くなってきたため

この先はOHが必須になるのではないでしょうか。

LA400KコペンにLSD投入!!

LA400KコペンにLSD投入!!

既にスポーツECUを導入していただいている

お客様が次はLSDを!と入庫いただきました!

やはりパワーアップすると次はサスペンション

だったりLSDだったりブレーキだったりと

チューニングを進めたくなりますね!!

もっともっとコペンを楽しんでいただけるように

私たちも頑張ります(^o^)/

ミッションオーバーホール&LSDで

ミッションオーバーホール&LSDで

入庫されたお車。実際にミッションを

割ってみると…んんん?

想像以上に内部の程度が良くオーバーホールの

必要はないという判断になり

シール類の交換とLSDの組み込みだけに

作業が変更になりました!

思っていたより程度が良かった!という

ケースは稀ですが

このように実際にミッションを割ってみないと

交換が必要な部品はわかりません。

事前にお見積りを…と言われるのですが

実際に作業をしてみないとわからないというのは

こういう理由からです。

事前に金額を知っておきたいというお客様の

気持ちもよくわかるのですが

作業前には概算しか金額が出せず…

オーバーホールの難しいところですね(;^ω^)

L880Kコペンが入庫!!

L880Kコペンが入庫!!

以前にタービン加工を施工したお客様が

再度ご来店。

今回は断熱施工のThermal shieldを

導入していただきました!!

Thermal shieldを施工したEXマニ

メタルキャタライザー、

そしてタービンハウジングへ交換。

1日で作業が完了するようにすでに

タービン加工を行いTheramal shieldを

施工したタービンハウジングを事前に用意し

組み替えを行いました。

通常Thermal shieldは施工に2週間かかるのですが

事前に施工済みのものと交換し1日で

作業を完了させることも可能です!

水温の厳しいL880Kコペンには

お勧めのメニューなので今回メタルキャタライザを

導入しさらに出力アップの良いタイミングで

施工いただくことができました!

熱害に苦しむ車種にはThermal shield

ほんといいですよー!

JB23Wコンプリートエンジン!

JB23Wコンプリートエンジン!

そしてタービン!

最終試作を

合体!!!!

これでまずOKだと踏んでいますが

テストにつぐテストを重ね

販売へと持ち込む予定です!!

相変わらず時間がかかる

ハーフウェイなのでした~

すいません!!!笑

昨日はL880Kタービン加工!!

昨日はL880Kタービン加工!!

タービン加工と一緒に

断熱施工Thermal shield3点を

導入していただきました!!

すでにThermal shieldを施工した

触媒やEXマニ、ハウジングと

交換するため、当日で施工が完了します!

水温の厳しいL880Kコペンで

チューニングを進めていくには

温度管理必須です!

Thermal shieldを施工をすると

見た目のカッコ良さもアップですね!

LA400Kコペン セッティング!

LA400Kコペン セッティング!

とあるオファーがありラリー仕様から

久しぶりにサーキット仕様に変更している

ハーフウェイ コペン!!

セッティングで軽々100馬力オーバー!

まだまだいける予定が

交換したインジェクターの量が足りず

泣く泣く108PS、トルク13キロで

セッティングストップ…。

今回は日程的に間に合わないのでこの仕様で

チャレンジすることになりました!

ちなみにそこそこパワーの出ているノーマルと

比べてみると…もはや大人と子供!笑

ノーマルから49.5PSアップ!笑笑

でもインジェクターがあえばまだまだ

パワーアップするとのこと!

メインコンピュータがセッティングできると

どんどんチューニングの幅が広がりますね!!

ハーフウェイ コペン

ハーフウェイ コペン

次のステージに向けて

エンジン・ミッション

メンテナンス完了!!

久しぶりに皆さんお好きな

㊙️㊙️㊙️で走ってきます!!

コペンラリーデモカーのエンジン!!!

コペンラリーデモカーのエンジン!!!

前回のラリー中に少し白煙を吐き出した

原因を探っていくと

やはりバルブシールでした。

過去にも耐久レースやサーキット走行会でも

今回と同じ症状が出ていて

その時もバルブシールがガイドから

外れて浮いていました。

今回もエキマニを外してみると

写真のようにエキゾーストポートに

オイルがべったり!

前回と全く同じでした。

これでなんと4台目・・・。

ハイブースト、高回転を多用するといった

過酷な条件で起こるのかまだはっきりと

原因はわかりませんがKFのウィークポイントに

なりかねません。

当社のお客様でLA400Kフルノーマルの状態でも

少し白煙を吐くといった症状が出ている方が

いらっしゃいます。

(特にエンジン始動時が多いみたいです)

この症状を対策するために

今テストを行っていますがLA400Kの場合

極端なハイブーストは控えるほうが

いいかもしれませんね。