L880Kコペン メタルキャタライザ

L880Kコペン メタルキャタライザ

入荷しました!

L880Kコペンのチューニングには欠かせない

メタルキャタライザ。

ノーマル触媒はコアの目が小さく

排気詰まりの原因に。

メタルキャタライザでは大径セルを採用し

排気がスムーズに通る設計になっています。

これが”装着するだけで5馬力アップ”の秘密なんです。

毎回言っていますがここを解消しないことには

いくら太いマフラーに交換したり

触媒とマフラーをつなぐ部分の口径を拡大しても

パワーは上がりません。
 
そしてメタルキャタライザのThermal shield

施工バージョンも大人気!!!

未施工のメタルキャタライザでは熱対策として

バンテージを巻いていましたが

施工品はバンテージ不要。

メタルキャタライザから周辺パーツへの

放熱を抑えます。

見た目もブラックでカッコいい仕上がりに!

スポーツ触媒への交換はコペンにとって

必須といっても過言ではないチューニング

アイテムです!

GCATタービンTypeBの特徴をご紹介します!

GCATタービンTypeBの特徴をご紹介します!

この度、JB23W用に新発売されたGCATタービン!

タービンホイールを大径化。
 

イン側の羽は純正とほぼ同じサイズですが

エキゾースト側の羽を大きくしています。

エキゾースト側の羽を大きくしてやることにより

高回転域で詰まり気味の排気がエキゾーストポートが

大きくなることでスムーズに抜けていき

軽快な吹きあがりを実現します。
 

羽が小さいと高回転では羽が壁となり排気が

詰まりやすくなります。

かといって羽をどこまでも大きくすればいいのか

ということではなく

羽を大きくすれば直径が大きくなる分

1回転するまでにかかる時間が長くなります。

(フィギュアスケート選手が手を体にくっつけて回る

スピンと手を広げて回るスピンでは

回転のスピードが違いますよね?)

径を大きくするとノーマルより回転数が下がり

立ち上がりが遅くなったり

羽の形状によってはノーマルと大差が無かったり…。
 

このようにタービンはバランスが肝心。

今回のTypeBはノーマルよりワンランク上の

タービンを目指し

中低速も失わない仕様になっています。

走行距離が伸びてタービンがへたってきた、

オイルがにじんできた…

などメンテナンスが必要なタービンに

プラスチューンがコンセプト!

中低速を犠牲にしたハイパワータービンでは無く

ストリートで純正よりも楽しんでいただける

仕上がりになっています。

それでいてお値段は純正新品と同じ!! 

GCATタービンに合わせたコンピュータもご用意しており

コンピュータと合わせるとさらなるパワーアップを

図れます。

今後のタービンチョイスの中にGCATタービン

いかがでしょうか??

ジムニーJB23W コンピュータ&タービン!!

ジムニーJB23W コンピュータ&タービン!!

新商品第1弾発売開始!!

世間は新型ジムニー一色ですが

ハーフウェイはジムニーJB23W用の商品を

ラインナップ!!第一弾は

3つの仕様に分かれたスポーツECU!!!

そして、純正よりワンランク上のタービンその名も

GCATタービンを発売!!

長い間発売されているJB23Wはメンテナンスも必須。

でもメンテナンスだけにお金を使うのは何だかなあ

というユーザーのためにメンテンナンスにプラスして

チューニングも楽しんでもらえるメニューを

ご用意しました。

GCATタービンには発売時からThermal shield

施工済みです!!

詳細はこちらからご確認ください!!

http://www.halfway.co.jp/tuning_menu_jimny.html

先日ビートのエンジンOHを行っていただいた

先日ビートのエンジンOHを行っていただいた

お客様からレビューが届きましたので

ご紹介させていただきます(^o^)
 

——————————————————–

気持ちいい加速フィールとエンジン音、

ひとつひとつのコーナーを抜けるときの気持ちよさ❗

Beatは新車に乗った事はありませんが、

きっとそれ以上です😄

開発する際目指した姿がなんとなく感じられます。

遊び、通勤と毎日ガンガン使わせて貰ってますが、

楽しくて仕方ありません❗

法廷速度での通勤、ショートツーリングの峠道。

ずっと乗っていたく、ついつい仕事終わりも、

大回りして帰ってしまいます。

試乗した友達は、「BeatのtypeRだな!」っと

話していました。

こんな素敵なBeatを作って下さり、本当に感謝です。

末永く付き合わせて頂きます。

(原文まま)
——————————————————–

 

仕事終わりにも遠回りして帰りたくなる車とは

嬉しい限りですね(^o^)

今はピストンが無くなってしまいエンジンOHが

ストップしている状態なのですが

末永く乗りたいという方のために

何か手立てを考えないといけませんね!

素材から鍛造ピストンの素を

素材から鍛造ピストンの素を

作ってみました!!

金型で製作したこのピストンの素を削ったり

加工をしていくと皆さんお馴染みの

鍛造ピストンが出来上がるんです!!

ということでピストン開発も順調に進行中!

お披露目をお楽しみに~(^o^)/

コペン タービン加工!!

コペン タービン加工!!

お盆休みは皆様いかが過ごされましたか??

ハーフウェイは今日から通常営業!

初日の今日は和歌山からご来店いただき

タービン加工を施工させていただきました!

また、タービン加工にあわせてエアクリーナーを

純正から剥き出しタイプのitg エアクリーナーキットへと

交換!!

コペンの場合は、いつも言うように排気のつまりが

ネックになっているのですが、タービン加工によって

排気のつまりが解消されると次は吸気の効率が

ポイントになってきます!

排気を改善して次は吸気といった順番ですね!

そして最後にATFをNUTEC ZZ-51改に交換し

Super redを施工!

これで伝達ロスも軽減できタービン加工+吸気での

パワーアップをしっかり伝えることができます!

お帰りの高速でこの変化お楽しみいただけているのでは

ないでしょうか!(^o^)/

L880Kコペンはタービン加工!

そしてLA400Kコペンはハイパワーメニュー!

コペンのチューニング!アツイですよ~!!

L880Kコペン タービン加工!!

L880Kコペン タービン加工!!

つづいては徳島県よりご来店いただきました!

タービン加工に加えて

サーマルシールド3点を施工!

エキマニ、タービンハウジング、触媒を

サーマルシールド施工品に交換しました!
 

サーマルシールドは施工に約2週間かかるのですが

事前にご予約をいただければサーマルシールド施工品

と交換もできます!

走行距離等を気にされない方は交換もオススメ!

1日で施工が完了!!
 

タービン加工施工後は、スタッフが点検のために

試乗をするのですがタービン加工を施工した歴代のAT車と

比べてもサーマルシールドが効いているのか

アクセルレスポンスがアップし乗り味も非常に

良い感じでした!!
 

仕上げに新型スーパーイエローとスーパーレッドを

施工いただき来店前からは驚きのパワーアップと

なったのでは!?

毎日暑いですがL880KコペンもLA400Kコペンも

アツイです!!!!!!

【L880Kコペンを長く乗り続けたい人にとって

【L880Kコペンを長く乗り続けたい人にとって

チューニングは負担になるか?】

ハーフウェイでは日々、様々なお問い合わせを

いただくのですが、同じような疑問を抱いている方も

他にいらっしゃるのでは!?と思い

これから少しづつご紹介していきたいと思います!

  
  

本日の内容がこちら。

L880Kコペンのコンピュータチューニングや

タービン加工をするか悩まれている方からの

質問でした。今後、長く乗り続けたいので

車両に負担になることはしたくない…とのこと。

  
  

答えとしてはチューニングをするほうが

エンジンのストレスが減ることもあります!

  
  

例えばノーマルのまま7,000回転まで回したとしましょう。

L880Kコペンは5,000回転付近でタービンの

エキゾーストから排気が逃げらなくなり

どんどん排圧が高まっていきます。

それでも回し続けると逃げられなくなった排圧がさらに高まり

エンジンがどんどん回らなくなっていきます。

これはエンジンにとってはストレスですよね。

  
  

このエンジンにタービン加工を施すと5,000回転付近でも

排気が抜けやすくなりエンジンは楽に回ることができ

パワーも上がります!

結果、タービン加工を施したほうがエンジンには

ストレスがかからないということになります。

  
  

また極端な例を挙げてみるとさらにノーマルエンジンのまま

8,000回転まで回したとしましょう。

ノーマルのバルブスプリングではサージングを起こしたり

ジャンプしてしまいエンジンブローになることも。

  
  

ここで強化バルブスプリングを入れてやることは

8,000回転でもサージングすることなく

エンジンブローしないためのチューニングと言えます。

  
  

ノーマルのエンジン、タービン、パーツのほうが

耐久性が高いのであれば全ての耐久レースカーは

ノーマルということになりますよね?

  
  

ただし、車両の使い方が通勤で毎日3,000回転くらいで

走行をしている車となってくるとこのような問題は

起きないためノーマルのままでも問題ありません。

  
  

このように車両の使い方にあわせてチューニングや

セッティングを行うことは結果エンジンの

ストレスを減らしたりエンジンを保護することに

繋がります。

  
  

チューニングをしたからといって車両の寿命が

短くなったりするわけではありませんのでご安心を!

要は車をどう使いたいかです。

車を長く乗り続けるには使い方にあわせた

チューニングを行うことをお勧めします!!

続いてはミラジーノJBエンジンスワップ!!

続いてはミラジーノJBエンジンスワップ!!

エンジンスワップにあわせて一緒に

JBエンジンには効果的なタービン加工を

施工します!

たまにタービンだけを加工してコンピュータは

そのままなんてお話を聞きますがノンノンノン(;’∀’)

タービンを加工した時点でタービン特性が

ノーマルとは変わっているため

ノーマルタービン用にセッティングされている

ノーマルコンピュータではデータがあわず

折角の加工が生かしきれません!

もちろん今回は現車セッティングも行っていただけるため

タービン特性はもちろん、こちらの車両にあわせた

コンピュータをセットさせていただきます!

そういう意味でもメインコンピュータが

セッティングできるJBエンジン。

エンジンスワップの中でもおススメです!