Thermal shield でなんと!!

Thermal shield でなんと!!

車両に変化が!!

写真はコペンですが、今回JB23Wジムニーで

タービンからリアテールまで

排気ライン全てにThermal shieldを施工し

インタークーラーにThermal radittを施工しました。

その後、現車セッティング。

こちらのお車は既に何度も現車セッティングを

行っていただいており今までの推移を

把握しているお車。

今回はThermal shield & radittの施工だけだったので

リセッティングは特に不要ですよとご案内したのですが

お客様のご希望でセッティングを行うことに。

そこでリセッティングをするとなんと

パワーに変化が!!

AT車でタービン交換をされているので今までは

低中速が弱い感じだったのですが

実走してみると立ち上がりから中速にかけて

よくなった!!と変化が!!

別のラリーカーでもパーシャルからの

アクセルの突きが全然違うと聞いていたのですが

なるほど!中速は明らかに良くなっていると

感じました!!

Thermal shield恐るべし!!!

ジムニーJB23W コンピュータ&タービン!!

ジムニーJB23W コンピュータ&タービン!!

新商品第1弾発売開始!!

世間は新型ジムニー一色ですが

ハーフウェイはジムニーJB23W用の商品を

ラインナップ!!第一弾は

3つの仕様に分かれたスポーツECU!!!

そして、純正よりワンランク上のタービンその名も

GCATタービンを発売!!

長い間発売されているJB23Wはメンテナンスも必須。

でもメンテナンスだけにお金を使うのは何だかなあ

というユーザーのためにメンテンナンスにプラスして

チューニングも楽しんでもらえるメニューを

ご用意しました。

GCATタービンには発売時からThermal shield

施工済みです!!

詳細はこちらからご確認ください!!

http://www.halfway.co.jp/tuning_menu_jimny.html

Thermal shield!!!

Thermal shield!!!

エンジンスワップや各種チューニングの

ご注文をいただく際に何かおすすめの

チューニングはありますか??

とよく聞かれるのですが今1番

おすすめしているのがサーマルシールド!

排気の流速があがりレスポンス&パワーアップ、

そして断熱による熱害対策と2つの効果があります。

パワーアップを施し出力が上がると

その分水温などの熱対策が問題に。

Thermal shieldを施工すると水温が下がったという

報告もかなりいただいております。

全日本に出場している車両ではThermal shieldだけで

水温が20℃下がったとのこと。

以前の記事でもご紹介しているようにサーモグラフィ

カメラで見ると施工するしないで差がはっきり

でています。

熱対策に悩まれている外車からもよくお問い合わせを

いただき先日はアルファロメオのエキゾースト

システムに施工しました。

パワーアップチューニングに追加するなら

サーマルシールド本当におススメです!

Thermal shield施行車の温度変化を

Thermal shield施行車の温度変化を

サーモカメラで見てビックリ!!

車種やエンジンが違うのであまり比較は

できませんが、Thermal shieldを施工していない車は

暖気運転(3,000回転で約1分)+前回走行で

タービン(ナンバーの左上当たり)温度が

変化しているのですが、

エキマニ、タービンハウジング、触媒に

Thermal shieldを施工した車は

同じ走り方をした後でも温度に変化がありません。

しっかり断熱されているため周辺の温度も特に

変化は無く優れた断熱効果を発揮していることが

わかります。

次は同じ車両同士で比較したいと思いますが

Thermal shieldの効果恐るべし!!!

Thermal shield 拡大中!!

Thermal shield 拡大中!!

先日もアルファロメオスパイダーの

排気ラインにThermal shieldを

施工させていただきました!

そしてこちらの86!!

マフラーにTheramal shieldはもちろんですが

注目していただきたいのはボンネット!

なんとボンネットの外側と内側に

Thermal radittを施工しているんです。

放熱効率の高いradittをボンネットに施工すると

一体どういうことが起きるかというと

エンジンルーム内で発生した熱は温度の低い

ボンネットへと移動していきます。

ボンネットの外側は走行風が当たり冷やされているため

結果、ボンネットからエンジンルームの熱を放熱

することができラジエターのような役割を

ボンネットが行ってくれるようになるんです。

実際に、吸気温度を測定しているとradittボンネットを

装着してからの吸気温度は下がっていました!

このようにアイデアと使い方次第で

まだまだ用途が広がるThermal shield & raditt!!

今度も目が離せません!!

ハーフウェイに新たなアイテムが増えました!!

ハーフウェイに新たなアイテムが増えました!!

皆さんご存知、サーモグラフィカメラです!!

簡易的な物なのですがサーモグラフィ画像にしてみると

熱の分布が一目瞭然!!!!

今日は試しにKFターボを搭載したエッセ

(サーマルシールド未施工)を

撮影してみました!

軽く店舗周辺を走ってきただけなのですが

ボンネットにもこれだけエンジンルームの熱が

移っているんですね!!

そしてエンジンルーム。

一番温度が高く白っぽく表示されているところが

タービンの部分です。

これだけの熱源になっていると

断熱のしがいもありますよね!

今後、サーマルシールド施工の場合や

ダイナパックでの全開走行時などなど

色々撮影してみようと思います!

もしこんな部分の温度分布を知りたい!という

リクエストがあればコメント欄からお願いします!

L880Kコペン タービン加工!!

L880Kコペン タービン加工!!

つづいては徳島県よりご来店いただきました!

タービン加工に加えて

サーマルシールド3点を施工!

エキマニ、タービンハウジング、触媒を

サーマルシールド施工品に交換しました!
 

サーマルシールドは施工に約2週間かかるのですが

事前にご予約をいただければサーマルシールド施工品

と交換もできます!

走行距離等を気にされない方は交換もオススメ!

1日で施工が完了!!
 

タービン加工施工後は、スタッフが点検のために

試乗をするのですがタービン加工を施工した歴代のAT車と

比べてもサーマルシールドが効いているのか

アクセルレスポンスがアップし乗り味も非常に

良い感じでした!!
 

仕上げに新型スーパーイエローとスーパーレッドを

施工いただき来店前からは驚きのパワーアップと

なったのでは!?

毎日暑いですがL880KコペンもLA400Kコペンも

アツイです!!!!!!

エンジンルームの熱環境について

エンジンルームの熱環境について

面白い文献を見つけました!

日本機械学会 流体工学部門のニューズレター内の

こちらの文献より引用させていただいております。

『CFDによる自動車エンジンルーム内の熱環境予測』

http://www.jsme-fed.org/newsletters/2007_4/no2.html

エンジンルーム内の環境をシュミレーションされている

中でこちらの図5

『エンジンルーム内の流れと温度の可視化結果』

を見てみると

タービン周辺が熱を発し熱害になっていることが

一目瞭然です!!

これをみると排気系の断熱がエンジンルーム内の温度を

下げることに効果的であることがわかります。

そこで登場するのがThermal shield!!

私たちの測定でも触媒周辺で100℃近くもの断熱に

成功していました。

熱害に苦しんでいる車両にはぜひ施工したい一品です。

断熱コーティング Thermal shield !!!

断熱コーティング Thermal shield !!!

エンジンスワップ用のJBエンジンに

サーマルシールドを施したエキマニを

交換しています!

エンジンが下りている時に交換すれば

作業も楽チン!

ということでエンジンスワップ車両に

使用できるように事前にサーマルシールドを

施行しておくことが多くなりました。

お客様の中にも社外品のマフラーや触媒、

インタークーラーなどを購入し

ハーフウェイに送付→サーマルシールド施行後に

取り付けを行われる方が増えてきています!

お客様からの注目度も高い、今ハーフウェイで

HOTなチューン!Thermal shieldでしたっ!!!

E07Aコンプリートエンジン!

E07Aコンプリートエンジン!

ビート生誕時から現在まで

幾度となく組まれてきたエンジン。

ここに現在のテクノロジーである

サーマルシールドをセット。

ミッドシップ車にとっては

非常に重要な熱対策を行います。

これによりさらなるパワー、トルク

レスポンスアップも実現。

同じエンジンでも時代の流れと共に

進化した技術が日々、追加されていきます。