CAT WALK Type-R!

CAT WALK Type-R!

新品でのご注文やオーバーホールのオーダーが

現在、集中しております!

最新のCAT WALK Type-Rと旧型を比べてみると

色の違いに気づくのでは??

この黒色の正体はタフブラックコーティング!

タフブラックコーティングとは特殊な熱処理のことで

従来のメッキ処理より表面硬度が上がります。

またフリクションが低減され

ブラックコーティングにより面粗度が上がり

動きがよりスムーズになります。

そして錆にも強く優れ物!

これをケースはもちろんシャフトにも施して

お値段は据え置き!と部材の1点1点が進化しています!

以前にご購入いただいたお客様もオーバーホールの際に

部材をタフブラックコーティング仕様に変えることも

できるため、定期的なオーバーホールをおススメします!

最新のCAT WALK Type-Rは

最新のCAT WALK Type-Rは

タフブラックコーティングを施工しています。

タフブラックコーティングは特殊な熱処理のことで

メッキ処理より表面硬度が上がります。

またフリクションが低減され

ブラックコーティングにより面粗度が上がり

動きがよりスムーズになります。

そして錆にも強く優れ物。

オーダーメイドサスペンンション

CAT WALK Type-R。

ショックを構成する部品、その一つ一つに

こだわってみませんか?

CAT WALK Type-R オーバーホール中!

CAT WALK Type-R オーバーホール中!

4月に入りようやく春めいてきました!

暖かくなってくると競技に参加している方たちの

車のメンテナンスも増えてきます。

人口は昔に比べると減ってきてはいますが

ハーフウェイは競技を楽しむ皆さんを応援しています!

こんな投稿を読んでちょっと走ってみようかな!?と

思ったあなた!5月にNUTEC走行会が開催されます!

興味のある方はハーフウェイまでどうぞ!

http://www.halfway.co.jp/nutec-top.html#sou

サスペンション部門はスプリングのテスト中。

サスペンション部門はスプリングのテスト中。

自社で組み立てのできるCAT WALK Type-Rでの

テストはもちろん行いますが

スプリングのテストとあって他社メーカーの

ショックにも組み換えテストを行います。

走行をしてはショックを組み替えまた走行。

組み合わせを変えながらテストを繰り返します。

よりよい物作りには見えないところでの

手間暇がかかっています。

CAT WALK Type-R オーバーホール中。

CAT WALK Type-R オーバーホール中。

オーバーホールの際に仕様変更も行っています。

皆さん、ショックの仕様変更ってどんなことをしていると

思いますか?

例えば一例をあげるとすると…

サスペンションが動くとショックは伸びたり縮んだり

往復運動を繰り返します。その時にショックの中で

ピストンが上下に移動しストロークしています。

ピストンにはストロークできるようにバウンド用の穴と

リバウンド用の穴が空いています。

この2種類の穴をオイルが抜けることによって

ピストンは移動することができます。

基本的にこのバウンドとリバウンドの穴の

通路面積(穴の数や大きさ)でショックの性格は

ほぼ決まります。

そしてこの穴を調製用のシムとよばれるもので蓋をしています。

ピストンが下に移動する時、リバウンド側のシムは

リバウンドの穴をふさぎ、バウンド側のシムは

めくれあがってオイルを通します。伸びる時はこの逆です。

調製用シムにはいろいろな大きさと厚さがあり

このシムの組み合わせによって減衰力を調製しています。

また、シムを通らずにオイルが移動できるように

ピストンにブリード穴をあけています。

このブリード穴の径や個数によっても乗り味は

変わってきます。

このように無数にある組み合わせからショックの

乗り味、仕様は決まります。

またこのピストン以外にもたくさんのファクターが

ショックには存在します。

お客様の希望や車の使い方を聞きながら

今までのノウハウと共に仕様を決めていきます。

ここまでできるのはフルオーダーメイドの

CAT WALK Type-Rだからこそです。

CAT WALK Type-R OH中!!

CAT WALK Type-R OH中!!

セールでも人気だった車高調CAT WALK Type-Rですが

魅力の一つとしてOHをできることがあげられます。

ハーフウェイでは自社でショックを組み上げているので

OHの際に仕様変更が可能なんです。

コンピュータの現車セッティングと同じように

できることならサスペンションもその時の車両の仕様や

走るステージによって変更したいところですよね。

スプリングの交換を行うことはどのショックでも可能ですが

内部の減衰値を変更するとぐっと雰囲気の違う

足回りを実現できます。

以前はサーキットを走っていたけれど最近は街乗りばかりだ

という方は、快適に街中を楽しんでいただけるように

乗り心地重視の味付けに変更することもOK!

もちろんOH可能であれば長く使用していただけます。

サスペンションを選ぶ際にはOHできるかどうかも

チェックしてみてくださいね!

CAT WALK Type-R タフブラックコーティング!

CAT WALK Type-R タフブラックコーティング!

以前ご紹介していたコーティングですが

従来品と並べてみました。

ブラックコーティングは特殊な熱処理のことで

メッキ処理より表面硬度が上がります!

熱で処理するため表面だけでなく内側もしっかりと

処理されているんですよ!

ブラックコーティングにより面粗度が上がり

動きがよりスムーズになります。

フリクションが減っているんですね!

また従来品を見ていただくとわかるように使用していると

どうしても錆がついてしまうのですが

このタフブラックコーディングは錆にも強い優れ物です!

そしてこのタフブラックコーティングを行っても

定価は従来品と同じまま!

さらに進化したCAT WALK Type-Rを体感してみて下さい!!

何やらピットで会議中。

何やらピットで会議中。

HA25アルトのCAT WALK Type-Rと専用スプリングを

製作するためにレバー比やストロークなどの車両データを

測定しています。

スプリングに関しては近日公開しますが今までの

スプリングの概念を覆す物です!お楽しみに~ヽ(‘∀`○)ノ

 

IMG_1276

CAT WALK Type-R 進化中!!

CAT WALK Type-R 進化中!!

Type-Rと言えばメッキのゴールド色でしたが

さらなる進化をとげブラックに!

このタフブラックコーティングとは特殊な熱処理のことで

メッキ処理より表面硬度が上がります!

熱で処理するため表面だけでなく内側も処理され

面粗度が上がり動きが滑らかに!フリクションが減ります!

実際にショックを組み上げる際のエア抜きでその違いを

体感したと驚くショック担当T君。

このタフブラックコーディングは錆にも強い優れ物で

今後のCAT WALK Type-Rに反映される新技術です!

また常によりよい製品作りの為に設計変更も随時

行っています。

ガス室の容量が足りない場合、写真のように

別タンクを設けているのですがその方式も

従来のものから進化しています。

そして、今までいわゆるメガネタイプのショックは

外側からの減衰調整ができませんでしたが

今回、減衰調整機構を増設!

こちらは残念ながら有料オプションではありますが…。

とことんサスペンションにこだわる方の為に

日夜進化するType-Rでした!

そして!さらに!近日!

”スプリングの概念を覆すスプリング”がいよいよ

登場します!こちらもお楽しみに!!

 

 

IMG_1095 IMG_1105 IMG_1096 IMG_1112