LA400Kコペン、発進時にホイールスピンしませんよね?

LA400Kコペン、発進時にホイールスピンしませんよね?

ラリーやジムカーナでもスタートが遅い!!
これも昨日の話の続きでスロットルが関係しています。

実はLA400Kは1速ごとにスロットルが制御され、同じ量ペダルを踏み込んでも1速は他のギアよりスロットルが開きません。
これは駆動系保護のためですよね。
現在販売中のスポーツECUもこの部分はそのままにしています。
ここのセッティングを変えるだけで1速のスタートが激変します。(競技用車両ではテスト終了)

これをスロコンでやろうとすると、1速に合わせた場合
3、4速でスロットルが開き過ぎ息つぎの原因に、、、

スポーツECUは昔と違いこんな細かなセッティングもできるんですよ!

LA400KコペンのECUについての質問で最近多いのが

LA400KコペンのECUについての質問で最近多いのが
「スロコンが使えますか?」

LA400のECUは従来の電スロのような
アクセルペダルの開度でスロットル開度を決定するという
単純な制御方式ではなく、アクセルペダルの開度からどのくらいのトルクが欲しいかでスロットル開度を演算し決定します。

色々なメーカーのスロコンがどのようなプログラムで
製作されているかがわからないため当社では併用を基本
NGとしております。

スポーツECU内でスロットル制御もセッティングしていますので、二重に変更することになるのでは?
と思っています。

実際にスポーツECUとお客様のスロコン(海外製)の
併用が原因で息をつく症状が出たことがありました。
外すと綺麗に吹け上がり正常となりました。

スポーツECUでスロットルやブーストなどなど色々な
項目をセッティングしておりますのでまずはECUのみで
お試しいただければと思います。

LSD組み込みのご依頼です!

LA400 LSD

本日は、ミッションの分解作業を行いました。

LSDの交換に伴い各部構成部品の点検も同時に行います。

今回は2速ギヤの入りが悪いとお伺いしておりましたので
この辺りを重点的に見ていきます。

ミッションの作業の隣では、KFエンジンのオーバーホールと
新年早々ディープな作業が続いております(^^)/

A Happy New Year 2020!!

A Happy New Year 2020!!

今年はラリージャパン参戦に向けて

邁進してまいります!!

今年も皆様の変わらぬ応援を

どうぞよろしくお願いいたします!!

2019年の営業が終了しました!

2019年の営業が終了しました!

今年はラリーに追われた1年でした!

今シーズンを振り返り初めはコンピュータの

フェールセーフに気づかず最下位争いと苦しみましたが

コンピュータも完全に掌握した夏以降からは

徐々に成績も上がり来年に向けて

手ごたえを掴んだ1年でした。

ラリー活動を通じてコペンの速さを再確認したり

お客様へフィードバックもでき良い1年だったと思います!

今年もハーフウェイをご愛顧いただき

ありがとうございました!

明日から1/6まで年末年始休業を取らせていただきます。

皆様もよいお年をお迎えください!

明日で年内の営業は終了ですが

明日で年内の営業は終了ですが

今週もたくさんの方にご来店いただいております!

こちらのGRコペンは本日納車されたということで

その足でスポーツECUを購入しに来てくださいました!

他にもご旅行の合間にECUを持って来てくださった方や

皆さん新年のドライブを楽しむ準備はバッチリですね!

明日も皆様のご来店お待ちしております\(^o^)/

本日ご来店のLA400Kコペン!

本日ご来店のLA400Kコペン!

なんと練馬からスポーツECUをお買い求めに

ご来店くださいましたー!

ありがとうございます!

先日発売されたばかりのGRコペンでも

すでにスポーツECUを導入していただき

楽しんでます!とのお言葉も!

LA400Kに限らずL880Kコペンやジムニーなど

ご自身へのクリスマスプレゼント?なのか

スポーツECUのオーダー増えています!

神戸は遠いなぁという方はもちろん通販OK!

中にはL880KのAT車にスポーツECUを

導入いただき気に入っていただけたということで

もう1台所有のMT車にリピートオーダー

いただいた方も!

たくさんの方に気に入っていただけて

嬉しい限りです\(^o^)/

よく体感できますか?と聞かれますが

私たちからするとコンピュータを変更して

体感できなければどのパーツも体感できないと

思いますよ(;^ω^)というほど

コンピュータセッティングで車は変わります。

年末年始はコンピュータを変えて

楽しむぞ!というあなた。

車種によってはご返送までに数日はかかる場合も

ありますのでオーダーはお早めにお願いしまーす!

ブログでは結果しか報告できていなかったので

ブログでは結果しか報告できていなかったので

スタッフが今回のラリーで感じたことをまとめてみました!

今回はラリー前日早朝5時からの

クラッチ交換に始まりましたが

交換後、トラブルも解消!

ただ1日目のSS3終了後のサービスで

(まだ残すところSS11本・・・)

ドライバー達から下回りからの異音と振動の

報告があり、そこから8分でドライブシャフトを交換!

(やればできるスタッフ達。笑)

外したドライブシャフトにこれといってダメージは

ありませんでしたが転ばぬ先の杖ということで

交換しておきました!

その他は特にエンジン等、不調もなく

SSとリエゾンを足して約650km近くを

2日で走破したハーフウェイ コペン!

今まで参戦した全日本ラリーよりも長い距離を

走り切りました!!!

今年のラリーはこれで終わりなのでここから

エンジンやミッションにどんなダメージがあるか

確認していきます。

今回、タービン交換がOKだったので

タービン交換+メインコンピュータセッティングで

110馬力程度に抑えた仕様で挑みました。

(距離が距離なので・・・笑)

ラリーという競技を考え中速トルクを重視した

セッティングにしていましたが、

今回感じたことは

KFエンジンはトルクが良く出るいいエンジンです!!!

ちまたでKFエンジンは弱いや遅いなど言われていますが

そんなことはありません!!!

誰も本性を知らないだけです!

LA400Kコペンはありとあらゆる部分がコンピュータで

制御されておりここを解き放たないと

その本性を現しません。

特にスロットル制御が非常に細かく複雑に

制御されているので

この制御に手を加えるだけで激変します!

(スロコンでは無理です!)

余談ですがLA400Kコペンでノーマルタービンに

スポーツECUを足すだけで

今までの軽自動車ターボでタービン交換並み以上の

トルクを出すことができます。

ピークの数値だけなら

カプチーノやアルト+31タービンや

L880Kコペン+DX30タービン

と同等です。

もはやハーフウェイでは

KFエンジン最強説が上がるほど!!!

これにはやはりメインコンピュータのチューニングが

必須です。

ラリーに参戦し始めてちょうど1年。

1年前の新城ラリーからスタートし

メインコンピュータの制御に苦しみ続けました。

トライ&エラーを繰り返し最後のフェールセーフと

スロットル制御をクリアすると

そこから結果が出始め

地区戦でクラス3位!

そして全日本メンバーが出場していた

今回のセントラルラリーでクラス2位という

結果を出すことができました!!

メインコンピュータを制さなければ

LA400Kコペンのチューニングはできません!!!

そしてメインコンピュータで制御をしている限り

エンジンブローもしません!

このラリーでも1年間を通じ、1度もエンジンを

つぶすことはありませんでした。

来年に向けてさらなるパワーアップを目指し

これからもLA400Kコペンのチューニングに

邁進したいと思います!

ラリーを通じて得たものを皆さんに

フィードバックできるようこれからも

頑張ります!