コペン スポーツECUの感想が

コペン スポーツECUの感想が

お客様より届きましたので

紹介させていただきます!

残念ながら写真を撮り忘れていたので

写真は違う車両です(;´Д`)

————————————————–

装着後、信号待ちからのアクセルONで違いが

はっきり体感でき驚きと同時に、

アクセルを踏み込んでの回転数と加速の違和感の無さに

とても運転が楽しくなりました。
 

  
特に感じたのは2500~3500回転のトルクが増した事と

3500~5000回転までストレスなく軽く回って行くと

同時にパワーもそのまま継続し、かつ同期していく事で、

気がつくと今までの感じで走るより速度が出ていて

危ないです(;´Д`)

スピードメーターをよく見て、自制心が倍増しで

必要ですね!
 

コーナリング時の荷重をアクセルでコントロールする際に

もっさりした感じで使い物にならなかった

5000~7000回転が機敏に反応して、

コーナー中のアクセルワークでパワーを制御しやすく

思った通りのハンドリングとアクセルコントロールで

車体を操る楽しみが増しました。

個人的にはこの領域の使いやすさが

特筆する点だと思います。
 

こうなるとLSDが欲しくなってくるのは

私だけでしょうか?(ノ∀`)

HALF WAYでLSDもお願いしようかと思っていますので

その際は、またお願いします。

(原文ママ)
————————————————–

私たちが狙っている部分を的確に

表現してくださっており

しっかり体感いただけたんだなーと

スタッフ一同喜んでおります!

ありがとうございます\(^o^)/

コペン スポーツECUをご使用いただく上での

コペン スポーツECUをご使用いただく上での

注意点をHPにアップしました!!

コペンだけでは無くメインコンピュータの

チューニングでは共通のことですが

まずガソリンはハイオクでご使用ください!

LA400Kの場合、圧縮比が高いためレギュラーで使用すると

ノッキングが発生しやすくすぐに

フェールセーフに入りパワーダウンしてしまいます。

折角のパワーを一切味わうことができなくなるので

ハイオクでお願いします!
 

 

続いてサブコンは外してご使用ください!

これは全車共通なのですが、基本的にサブコンは

センサーやメインコンピュータからの信号を

ごまかして入出力信号を変更しています。

スポーツECUはコンピュータ内部の数値を

変更し最適化しているため、すでに最適化されている

信号をサブコンがごまかしこちらが狙っている

数値通りの動きを行ってくれないため

サブコンは外してご使用ください!

特に燃料・ブースト圧を変更している

サブコンは必ず外すようにしてくださいね!!

 

最後はLA400Kに関してですがブーストコントローラーは

外してご使用ください!

LA400Kのブーストは純正の過給圧制御バルブを

使って制御しているためブーストコントローラーは

不要です。

どうしてもブーストコントローラーでハイブーストに

設定したいという方は、ブーストリミッター等

変更する必要があるため、まずは当社まで

ご相談ください。

 

現在、ブーストリミッターは1.35に設定し

ブースト圧は1.15くらいになるように

設定しているのですが、やはり車の個体差や

走行条件によってはブースト圧が上がる方も

いらっしゃいます。

ご購入後、ブーストリミッターに当たったり

フェールセーフに入りパワーダウンの症状が

出た方はデータの変更を行うため

お気軽にご連絡ください!

自社で全てセッティングしているので

アフターフォローもばっちりなのでした!笑

F3サイズのタービンに交換しているコペンが入庫!

F3サイズのタービンに交換しているコペンが入庫!

現車セッティング前に状態を把握するため

測定してみると…

空燃比が非常に薄い状態!!

この数値は当社では危険とされている領域まで

燃料が薄くなっていました。

ちなみにお客様はこのタービンを使用する場合

ECUはノーマルでいいと聞いたそうです…。

これは危険だと現車セッティングで

燃料を増量!最適化を行いました!

もちろんパワーも入庫時より+13馬力アップ。

実はこのパターン2台目でした。

2台とも薄かったのでノーマルの025タービンから

F3に交換する場合は燃料の増量が必要です!

すでに交換されている方はご注意を・・・。

ちなみに現車セッティングと一緒に

Thermal raditt ラジエターを導入していただきました!

このラジエターコアの厚みが

純正16mmから+6mmアップの

22mmで製作しています!

さらに放熱効率が上がる

Thermal radittを施工しています!!

チューニングを進めていく際には

熱対策にもご注意を!!

3月に入り暖かくなってきましたね!

3月に入り暖かくなってきましたね!

ちょっと春めいてくると

オープンにしてご来店される方

増えてきました!!

スポーツECUを入れると

コペンがさらに楽しくなった!!

楽しくて遠出をするようになった!!

高速道路が快適!!

などなどの嬉しいお声をいただいております!

今年のGWは10連休とドライブするには

絶好ですね!!

ハーフウェイは4/27のみの営業の予定ですので

GW中にコペンを楽しみたいという方は

それまでにお願いします!!笑

LA400K スポーツECU!!

LA400K スポーツECU!!

すでに導入された方からとっても楽しくなった!

と喜びの声が続々届いております!!

スポーツECUというと全開域でのパワーや

トルクがクローズアップされがちですが

LA400KスポーツECUは普通に走るときにも

驚きのパフォーマンスを発揮します。

通勤やドライブなど日常の運転時でも

明らかにアクセル開度が違ってきます。

踏まなくても今まで以上に軽快に走ります!

それがなんとも気持ちのいいレスポンスだったり

加速感だったり。

これが全域でセッティングされているECUです。

アクセル開度がこれだけ変わるので

皆さんから届いている

燃費アップのご報告もうなずけます。

とうとうCVT車で22km/Lというお声も!

ドライブや日常をもっと楽しみたいという方にこそ

試していただきたいスポーツECUなのでした!

ちなみに以前にご紹介しているイモビライザー機能ですが

店頭にご来店いただける場合、イモビライザー機能を

残したパターンでも即日対応が可能になりました!

ご来店前にはご予約をお願いします!

LA400Kコペン現車セッティング!

LA400Kコペン現車セッティング!

スポーツECU発売開始から

2か月が経過しましたが

現車セッティングのご予約が増えてきました。

と言ってもノーマルタービン、ノーマルエンジン

であればスポーツECUの販売データでOK!

特にセッティングを取り直す必要はありません。

現車セッティングの予約を取られる方のほとんどが

タービンを加工したり交換した方。

タービン特性が変わっているのにコンピュータが

ノーマルだったりサブコンでのセッティングでしかなく

困っていたそうです。

ハードの特性を変更してもコンピュータセッティングが

あっていないとその能力を引き出すことができません。

また、現車セッティング時であれば

リミッター類やファンのポイントなど

細かな数値の変更も可能です!

コンピュータセッティングでお困りの方

まずはご相談くださいね!

LA400Kコペン スポーツECUに寄せられる

LA400Kコペン スポーツECUに寄せられる

お問い合わせに答えるコーナー!

Q.サブコンがたくさんついているのですが

外さないといけませんか??

A.非常に申し訳ありませんが

全て外してください!!

これは当社のEDP-01を装着されている方も

同様です。まさか自社製品を外してください

とお願いする日が来るとは…( ;∀;) 

中でも燃料に関するもの、ブーストに関するもの

(プレッシャーセンサーに抱き合わせるものや

配管、過給圧制御バルブを変更するもの)

これは確実に外してください。

燃料もブーストに関してもスポーツECU内で

セッティングをしているため、残しておくと

当社がセッティングしている値からずれることになり

狙っている性能を発揮することができません。      

また、ブーストコントローラーも不要です。

なぜなら純正の過給圧制御バルブを使用し

ブースト値を1.3くらいまで上げることが可能です。

この純正の過給圧制御バルブはかなり

精度が良く下手なブーストコントローラーより

安定しています。

なんとオーバーシュートを抑えることも

できるんですよ!
 

ただハーフウェイのスポーツECUは

ナンバー付きのストリートマシンでは

設定ブーストを1.15

ブーストリミッターを1.3に設定しています。 

ブースト値に関しては1.15でセッティングをしていますが

走行条件や装着されている

物によっても変わってきますので

そんなに神経質にならなくても大丈夫です。

大幅にブーストがかかりすぎたり、

かからなかったりする場合は何か原因が

あるため相談してくださいね!

また、ノーマルの制御ではブーストリミッターが

先に当たりその後、フェールセーフに入るように

なっています。

ブーストリミッターだけを解除して

ブーストを上げても

LA400Kが走らなくなるのは

フェールセーフに入ってしまうためです。

そのため両方のポイントを変更する必要があります。

もちろんハーフウェイスポーツECUでは

ノーマルと同じように両方のポイントを

変更していますので万が一の時にも

フェールセーフが効いて安心です。
 

もちろん1.3以上のハイブーストにしたい!という方は

いくらでも変更はできますので

ご希望の方は注文前にお問い合わせくださいね!

LA400Kコペン DVD取材の裏話…

LA400Kコペン DVD取材の裏話…

今回撮影のために片道600kmを自走で

走っていったコペンですが驚いたことが2つ。

1つ目はたくさんいただいていたスポーツECUの

燃費の話ですが当社デモカーでも出ました!

高速道路がメインでリッター20kmオーバーをマーク!

インジェクターを変更してセッティングしたので

ノーマルインジェクターバージョンより

燃費は悪いんじゃないかと予想していましたが

同じくらい出ましたね!

ただ、燃費は運転の仕方や走行場所によって

変わるためあくまでも参考程度でお願いします!

燃費アップよりパワーアップするための

スポーツECUですからね! 

そしてもう1つは雪の心配があったので

スタッドレスタイヤを履いて行ったのですが

ここにSuper darkを注入。

密かにSuper darkをスタッドレスタイヤに

入れて驚いたという声をたくさんいただいていたんです。

実はSuper darkスタッドレスにもかなり効果が

あるんですよ。

今回スタッドレスタイヤ+Super darkを

初体験のスタッフに感想を聞くと

『それまでヨレヨレしていて頼りなかったのが

dark注入でシャキッとしよれることなく

普通のタイヤかと錯覚するほど快適に

高速走行ができました。』と驚いていました!

まぁ時期的にもうすぐスタッドレスタイヤから

履き替える方がほとんどだと思いますので

来シーズンにお試しください!笑

久しぶりにサーキット!!

久しぶりにサーキット!!

人気DVD Hot Versionさんの取材を

受けてきましたよー!

久しぶりのカメラに緊張気味?の

T君とコペン!

発売は6月ごろとのことなので

内容はあかせませんが

皆さん発売をお楽しみにー!

LA400Kコペン セッティング!

LA400Kコペン セッティング!

とあるオファーがありラリー仕様から

久しぶりにサーキット仕様に変更している

ハーフウェイ コペン!!

セッティングで軽々100馬力オーバー!

まだまだいける予定が

交換したインジェクターの量が足りず

泣く泣く108PS、トルク13キロで

セッティングストップ…。

今回は日程的に間に合わないのでこの仕様で

チャレンジすることになりました!

ちなみにそこそこパワーの出ているノーマルと

比べてみると…もはや大人と子供!笑

ノーマルから49.5PSアップ!笑笑

でもインジェクターがあえばまだまだ

パワーアップするとのこと!

メインコンピュータがセッティングできると

どんどんチューニングの幅が広がりますね!!