KFヘッドガスケット試作ができてきました!

KFヘッドガスケット試作ができてきました!

オーバーホールするとき、オールアルミエンジンはヘッドとブロックの面に修正面研をかけるのですが、最小にとどめても両方合わせて0.1㎜程度になることが多いです。

そのため、そのまま組みなおすとタイミングチェーンのたるみ分、バルブタイミングがずれてしまいます。

できるだけ正規に合わせるため、ヘッドガスケットをノーマルより0.1㎜厚く作ってみました!

これでカム周りやスプロケットを加工することなく適正なバルブタイミングに近づけることができます。

細かいようですが、VVTでも基準がずれれば本来のパフォーマンスが発揮できないので、こんなところにもこだわっています。

KFターボコンプリートエンジン!

KFターボコンプリートエンジン!

コンプリートエンジン発売に向け、様々なパターンをテスト中です。

最終的なスペックを決めるため、鍛造ピストンはもちろん、カム変更や細かい部分の見直しなど、出力の向上を目指し吟味しています。

今回はカムテストバージョン!!

もう少し時間はかかりますが、完成を楽しみにお待ちくださいね(^-^)

GRコペンスポーツECU来店!!

GRコペンスポーツECU来店!!

GRコペンにも好評いただき、なぜか連続で白ばかり来店されています(^.^)

どの車両も様々なパーツがついていて、

GRコペンのチューニングも盛り上がっているようです。

遠方からもECUを求めてはるばる来店いただきました。

補修用鍛造ピストンを鍛造型から起こして製作してみました。

LA400Kコペンですが最近、走行8~9万kmになっている車両をちらほら見かけます。

そこで補修用鍛造ピストンを鍛造型から起こして製作してみました。

0.05㎜オーバーサイズです!

オーバーホール時期を迎えたシリンダーは偏摩耗しボーリングが必要ですね。
ただ、黄色ナンバーのまま乗り続けたいという方も多く、軽登録できる限界が0.09㎜オーバーなので、ピストン0.05㎜オーバーサイズ、+クリアランス0.03㎜となります。ボーリング加工できる限界と軽登録できる限界を考え、このサイズにしてみました。

ピストン裏にハーフウェイの刻印をいれてみましたよー。
近日発売予定です。

LA400Kコペン、発進時にホイールスピンしませんよね?

LA400Kコペン、発進時にホイールスピンしませんよね?

ラリーやジムカーナでもスタートが遅い!!
これも昨日の話の続きでスロットルが関係しています。

実はLA400Kは1速ごとにスロットルが制御され、同じ量ペダルを踏み込んでも1速は他のギアよりスロットルが開きません。
これは駆動系保護のためですよね。
現在販売中のスポーツECUもこの部分はそのままにしています。
ここのセッティングを変えるだけで1速のスタートが激変します。(競技用車両ではテスト終了)

これをスロコンでやろうとすると、1速に合わせた場合
3、4速でスロットルが開き過ぎ息つぎの原因に、、、

スポーツECUは昔と違いこんな細かなセッティングもできるんですよ!

LA400KコペンのECUについての質問で最近多いのが

LA400KコペンのECUについての質問で最近多いのが
「スロコンが使えますか?」

LA400のECUは従来の電スロのような
アクセルペダルの開度でスロットル開度を決定するという
単純な制御方式ではなく、アクセルペダルの開度からどのくらいのトルクが欲しいかでスロットル開度を演算し決定します。

色々なメーカーのスロコンがどのようなプログラムで
製作されているかがわからないため当社では併用を基本
NGとしております。

スポーツECU内でスロットル制御もセッティングしていますので、二重に変更することになるのでは?
と思っています。

実際にスポーツECUとお客様のスロコン(海外製)の
併用が原因で息をつく症状が出たことがありました。
外すと綺麗に吹け上がり正常となりました。

スポーツECUでスロットルやブーストなどなど色々な
項目をセッティングしておりますのでまずはECUのみで
お試しいただければと思います。

MR-S with VTEC!!

MR-S with VTEC!!

ボディキットDECORE装着中!!

エアロ点数が多いので作業はなかなか

大変ですが

うーん!やっぱりかっこいい!!!

手前みそですいません。笑

コペンL880Kがご来店!

コペンL880Kがご来店!

トーションビームロッドを装着いただきました!

このトーションビームロッド

実はL880Kコペンに大ヒットの商品なんです。

コイルスプリングとスタビライザーに

トーションビームロッドをプラスすることによって

3wayスプリング構造を構築!

リアタイヤの接地性が大幅にアップ!

リアタイヤの挙動が手に取るようにドライバーに

伝わります!これによりコペンの操作性が非常に高くなり

高速コーナーでの安定性は抜群です!

またトーションビーム自体の剛性アップにも繋がります。

リアタイヤをしっかり使いながらもアンダーを出さない

コーナーリングはまさに新感覚!

これはトーションビームロッドを装着された方にしか

わかりません!

本日装着されたオーナー様も帰り道でその違いに

驚かれたのではないでしょうか!?(^o^)

———————————————————————————

西日本豪雨の被害にあわれた皆様に

心よりお見舞いを申し上げます。

神戸でも少し被害があり

現在、当社の周辺道路では2箇所の

通行止めがあります。

ご来店の際には迂回路を通ることになるかと

思いますのでお気をつけください。

(ハーフウェイは問題なく営業しております)

被災された地域が1日も早く復興することを

お祈り申し上げます。