投票ありがとうございました!

投票ありがとうございました!

このアンケートからわかるように大多数の方が

足回りを選ぶときにはショックを重視しているんですね。

もし皆さんが一生懸命選んだショックの性能を

スプリングが邪魔していたとしたらどうでしょうか?

まずはこちらの写真をみてください。

ボールペンに入っているスプリングを

縮めようとしているところです。

まっすぐに縮めようとしているのにスプリングが

湾曲してしまいます。

(わざとじゃないですよ!手元にボールペンが

ある方はぜひやってみてください!)

まっすぐにストロークをさせようとしても

スプリングは横に逃げようとしています。

これが今後頻繁に登場してくるスプリングの

横力

という概念です。

スプリングである以上この横力は必ず発生します。

もちろんサスペンションのコイルスプリングも同様です。

とするとコイルスプリングの中に組み込まれている

ショックは常にスプリングから横向きの力を受けています。

これが最初に言ったスプリングがショックの動きを

邪魔しているということです。

スプリングのレートによっても違いますが

実際に一体どのくらいの

大きさの力がかかっているでしょうか?

スプリングにかかる荷重によって大きさは変わりますが

7インチ6キロのスプリングで最大ストローク時に

なんと45kgもの

横向きの力が発生しているんです!!!

これじゃあショックもたまったもんではないですよね!!

ショックは上下動しかできないのでこの横力がショックの

フリクション(抵抗)となります。

これが現状の皆さんのサスペンションの状態です。

そんな現状だけ突きつけられても

じゃあどうすればいいんだ・・・

と思いますよね?

その対策は・・・次回投稿へとつづく。

セール2日目!

セール2日目!

今回は新商品が人気です!

コペンLA400K用Thermal radittラジエターも

売れています!

LA400はラジエターの装着スペースが限られているため

著しく厚みのあるラジエターは装着しづらくなっています。

そこで純正16mmから22mmに厚みを変更したラジエターに

放熱効率の上がるThermal radittを施工した

Thermal radittラジエターをラインナップしました!!

アクセルを抜いた時に温度の下がるスピードが

早くなります!

KFのようなアルミエンジンは水温を管理したいところ。

これにフロントパイプをThermal shield加工すると

下がるときだけではなく、温度上昇も緩やかになり

驚くほど水温が安定します!!

LA400K水温管理におススメのアイテムです!

ロアアームメタルピロブッシュ販売開始!

ロアアームメタルピロブッシュ販売開始!

LA400Kコペンの皆様、お待たせいたしました!

10月に発売開始と言いながら部材の一部の入手が

遅れ11月になってしまいました、ごめんなさい( ;∀;)

(●●製鋼さん問題の余波だそうです…)

今回は2形態での販売をおこないます!

メタルピロブッシュ単体で発売し

お客様のロアアームに打ち込むパターンか

既にメタルピロブッシュを打ち込み済みの

新品フロントロアアームのパターンがあります!

ご自身のお車の状態にあわせてお選びいただけます!

ボディ剛性があるLA400Kコペンだからこそ

ピロ化の効果は抜群!

格段にハンドリング性能がアップします!

そしてここまでお待たせしておいて何もなしなんて

ことはございません!

なんと23日からのセール対象商品にしちゃいます!

もちろんセールが終われば定価販売です。

詳細はこちらよりご確認くださいっ!

先日、ご紹介したThermal shield(サーマルシールド)

先日、ご紹介したThermal shield(サーマルシールド)

断熱塗装。前回は排気温度を高いままキープする効果に

ついてご紹介しましたが、Thermal shieldのもう1つの

効果がマフラーや触媒の熱源を断熱することで

エンジンやその他補器類を熱害から守ることができます。

Thermal shieldを施工することにより驚くほど

温度が上がりにくくなります!

まるでラジエターを変えたかのように

水温が安定します。

通常、マフラーが発生する熱をエンジンブロックや

オイルパンがもろに受けているところ、

Thermal shieldで断熱されている結果です。

水温の下がり方を見ても明らかにエンジンルームの

雰囲気温度も下がっているはずです。

当然、吸気温度も下がるので空気の密度が上がり

パワー、トルクアップ、レースシーンなどでの

熱ダレに対して非常に効果的です。

放熱塗装を施したラジエターと合わせて装着すると

さらに効果倍増ですよ!!

以前にご紹介したセラミック系断熱塗装!

以前にご紹介したセラミック系断熱塗装!

その名も Thermal shield(サーマルシールド)!!

今回はフロントパイプからリアピースまで

全てに施工してみました!

まずノーマルマフラーのリアのタイコ部分を

アイドル状態で測定してみると約53℃。

これはタイコの金属の表面温度を測っているので

手で触ってみると触れるけど熱っ!!という感じ。

続いてThermal shieldを施したタイコを

まずは触ってみました。

おっ!手で触れる!さすが断熱塗装!

そして温度を測定してみるとなんと約130℃の表示!

うん???手で触れるのに130℃???

というのも金属表面は130℃なのですが

Thermal shieldの効果で塗装表面は断熱されているので

手で触ることができるんです。

フロントパイプに至ってはノーマル約150℃に対し

Thermal shieldは約350℃!!

ノーマルに比べ倍以上温度が高くなっています!

Thermal shieldの断熱効果により排気ガスが保温され

高い温度のままフロントからリアまで

排気されていくのです。

(断熱と保温の関係についてはまた詳しく説明します)

温度が高くなると排気ガスの流速は上がり

ダイナパックの測定でわずかですが

パワーアップも確認できました!!

さらにテストは続いていますが発売に向けての動きも

進んでいますよー!!

LA400コペンの皆さーん!

LA400コペンの皆さーん!

LA400コペンも発売から3年が経ち

そろそろこの辺でハーフウェイの

本気のパーツ見たくないですか??

実はハーフウェイでLA400コペン用に

一番最初に作られたパーツがこの

メタルピロなんです!!

どうしてすぐに販売しなかったかというと

3年前の発売時から現在までデモカーに装着して

経年テストをしていたんです!!!

3年間装着しても全く問題なく発売に向けて

GOがかかりました。

再度、試作を製作し装着テストを行います。

これでようやく製品版の製作に着手します。

10月ごろの販売を目指しております!

長らくお待たせした分、販売スタート時には

ちょっといいことあるかも!

そしてLA400コペン本気のパーツはここから

まだまだ続きます!!お楽しみにっ!!

車の基本性能 走る!止まる!曲がる!

車の基本性能 走る!止まる!曲がる!

チューニングを施し車両のパワーが上がるにつれ

もっとパワーを!となるのが人のサガ。

パワーを上げていく最中で見直したいのが

そう。止まるに大切なブレーキです!

当社のお客様でもチューニングが進むにつれて

ブレーキパッドやローターをより性能のいいものに

交換したりブレーキシステム自体を別の車両のモノに

交換し容量アップを図ることもあります。

以前、デミオターボで265馬力!デモカーを制作したときに

プロドライバーに「パワーはもういらないから

ブレーキを強化しなさい!」と注意をされたことが

あります。笑

そういうHALFWAYもすぐにパワーを上げる方向に

目がいってしまうのですがいったん止まって

ブレーキにも目を向けてやってくださいね(*ノωノ)

寒い日が続いていますね!

寒い日が続いていますね!

ハーフウェイのある神戸でも太陽が出ているにも

かかわらず雪がチラチラ。

スタッフカーもスタッドレスを装着しています。

ここで裏技をひとつ。

数年前に購入したスタッドレスを生き返らせる方法が

あるんです!

それがタイヤ添加剤Super dark!!

タイヤの改質をする添加剤なのですが、

スタッドレスにも効果てきめん。

むしろスタッドレスに積極的に使用してほしいくらいです。

皆さん雪道の運転は気をつけて下さいねー!!

続いてのスワップはESSEターボ!

続いてのスワップはESSEターボ!

KF-DETエンジンスワップです!

やっぱりESSEには同型式のKFターボ

スワップが大人気ですね!

こちらのお客様は車両持ち込みですが

まだエッセを持っていないと言う方。

現在、コンプリートカーでもESSE with KFターボ

販売中です!

http://www.halfway.co.jp/usedcar_esse.html

気になる方は店頭までチェックしに来て下さいね!

L880Kコペン タービン加工!

copen-cata1

L880Kコペン タービン加工!

本日のお客様はタービン加工にあわせて

メタルキャタライザーも装着いただきました!

ノーマルのL880Kをダイナパックで測定すると

個体差はありますがピークパワー64PS,トルク10.2キロ。

タービン加工にさらにメタルキャタライザーを足すと

一気にパワー89.8PS,トルク12.7キロまでアップします。

約25PSのアップですね!!

いかにL880Kコペンが排気の詰まりでパワーを

落としているかということですね。

こちらのお客様も帰り道その変貌ぶりに

きっと驚かれることでしょう!!