L650スワップ!

L650スワップ!

最近問い合わせが増えております。

この車両はKFターボ+MT化です。

エンジン型式変更やMT化の場合は改造検査も必要となりますが、L650ジーノをベースに使ったスワップはメニューが多彩です!

EFターボ・JBターボ・KFターボと3世代のエンジン全て搭載することが可能です!

メーカー設定にはないMT車両にすることもできます。

お好みに合わせて、かわいい見た目からは想像できない走りを実現させることのできる一台です(^^♪

KFヘッドガスケット試作ができてきました!

KFヘッドガスケット試作ができてきました!

オーバーホールするとき、オールアルミエンジンはヘッドとブロックの面に修正面研をかけるのですが、最小にとどめても両方合わせて0.1㎜程度になることが多いです。

そのため、そのまま組みなおすとタイミングチェーンのたるみ分、バルブタイミングがずれてしまいます。

できるだけ正規に合わせるため、ヘッドガスケットをノーマルより0.1㎜厚く作ってみました!

これでカム周りやスプロケットを加工することなく適正なバルブタイミングに近づけることができます。

細かいようですが、VVTでも基準がずれれば本来のパフォーマンスが発揮できないので、こんなところにもこだわっています。

KFターボコンプリートエンジン!

KFターボコンプリートエンジン!

コンプリートエンジン発売に向け、様々なパターンをテスト中です。

最終的なスペックを決めるため、鍛造ピストンはもちろん、カム変更や細かい部分の見直しなど、出力の向上を目指し吟味しています。

今回はカムテストバージョン!!

もう少し時間はかかりますが、完成を楽しみにお待ちくださいね(^-^)

新旧ミラジーノ‼

新旧ミラジーノ

どちらも根強い人気となっていますね。

みなさんおしゃれに大切に乗られている方が多いです。

ちなみにこの2台はどちらもスワップカー!

外観に加え中身もおしゃれな仕様となっていまーす(^.^)

GRコペンスポーツECU来店!!

GRコペンスポーツECU来店!!

GRコペンにも好評いただき、なぜか連続で白ばかり来店されています(^.^)

どの車両も様々なパーツがついていて、

GRコペンのチューニングも盛り上がっているようです。

遠方からもECUを求めてはるばる来店いただきました。

EFターボエンジン+ECUチューニングで積んでみました。

EFターボエンジン+ECUチューニングで積んでみました。

このミラジーノ、市販のミラジーノに搭載されているEFターボとは異なる後期型EFターボを搭載しています。

ちなみにメインECUも書き換えできちゃいます。

これから各部を仕上げ、現車セッティングします。

さて、何馬力でるかなー?

880コペンも過走行が増えてきました。

880コペンも過走行が増えてきました。

もちろんO/Hできるのですが、JBの場合ボーリングした時点で660ccを超えちゃいます。

なので、イエローナンバーにこだわるのなら、中古エンジン積み替えか、新品パーシャルエンジンを使うしかありません。

ボーリングをせずオーバーホールをするという手もありますが、10万km走ったシリンダーではパフォーマンスを出すことができません。

がっつりオーバーホールをしてパワーも出すのであれば、やはり白ナンバーで!

オリンピックナンバーもいいですが、排気量UPでの白ナンバーはいかがですか?