LA400KコペンにLSD投入!!

LA400KコペンにLSD投入!!

既にスポーツECUを導入していただいている

お客様が次はLSDを!と入庫いただきました!

やはりパワーアップすると次はサスペンション

だったりLSDだったりブレーキだったりと

チューニングを進めたくなりますね!!

もっともっとコペンを楽しんでいただけるように

私たちも頑張ります(^o^)/

久万高原ラリーにむけて

久万高原ラリーにむけて

準備中のハーフウェイコペン!!

これは先日の出来事。

横浜から自走で神戸まで帰ってきたコペンですが

なんと!出ました!

平均燃費 37.1km/L!!!笑

道中では40km/Lを超えていたこともあったそうな。笑

燃費が良くなりました!とのご報告はたくさん

いただいていたのですが実際に目の当たりにすると

スタッフが一番驚いています!笑

それでいて走りが楽しくなるスポーツECU!

GW中のロングドライブも楽しくなること

間違いなしですね!

コペン!コペン!!コペン!!!

コペン!コペン!!コペン!!!

今日はご予約が集中したくさんのお客様に

ご来店いただいております!

コペン軍団の皆さん

すでに入れていただいている方も

含め全員スポーツECUを装着!!

コンピュータチューニング盛り上がってますよー!

この他にも入庫や納車、この後のお時間も

オイル交換などご来店は続きます!

皆さんGWに向けて愛車の準備はバッチリですね(^o^)

JB64ジムニー用燃調コントローラーの

JB64ジムニー用燃調コントローラーの

製品基盤が出来上がったので

実車にてテスト中!!ダイナパック上では

ピーク値で約10馬力アップを

マークしています!

後は走行してみてフィーリングを確かめたり

制御が入らないかチェックします。

新型車は様々な制御が搭載されているため

条件が揃うとパワーダウンしてしまうことも

しばしば。

(LA400KコペンのECUで嫌というほど

味わわせていただきました。笑)

さぁ販売までこぎつけることができるのか!?

お楽しみにっ!

L880Kコペンが入庫!!

L880Kコペンが入庫!!

以前にタービン加工を施工したお客様が

再度ご来店。

今回は断熱施工のThermal shieldを

導入していただきました!!

Thermal shieldを施工したEXマニ

メタルキャタライザー、

そしてタービンハウジングへ交換。

1日で作業が完了するようにすでに

タービン加工を行いTheramal shieldを

施工したタービンハウジングを事前に用意し

組み替えを行いました。

通常Thermal shieldは施工に2週間かかるのですが

事前に施工済みのものと交換し1日で

作業を完了させることも可能です!

水温の厳しいL880Kコペンには

お勧めのメニューなので今回メタルキャタライザを

導入しさらに出力アップの良いタイミングで

施工いただくことができました!

熱害に苦しむ車種にはThermal shield

ほんといいですよー!

コンピュータセッティングについて

コンピュータセッティングについて

毎日数多くのお問い合わせをいただくのですが

メインコンピュータを使用したコンピュータ

チューンを当社で行うことができる車種は

コペンやジムニーなど限られています。

メインコンピュータでセッティングを行う場合

まずはメインコンピュータのデータを

読み書きできるように解析を行う必要があり

この解析にかなりの時間を要するため

様々な車種に対応することが難しくなっています。

コペンやジムニーなどその解析が完了している

車種はメインコンピュータでチューニングが

できるのですがその他の車種で

セッティングを行う場合はサブコンピュータなど

セッティングを行うためのコンピュータが

必要になります。

ご自身の車種でメインコンピュータを使用して

セッティングができるかどうかは

こちらのリストから一度ご確認いただければ幸いです!

http://www.halfway.co.jp/ecu_main.html

エッセ KFターボスワップ!!

エッセ KFターボスワップ!!

エンジンもかかり今からEDP-01を

使用してセッティング!!

メインコンピュータほどの性能はありませんが

空燃比の調整だけであればなかなか優秀なEDP-01。

回転数を好きな割り方で8ポイントに分け

8ポイント毎に空燃比を調整することができます。

空燃比は回転域により濃さが異なるため

減量を行うにしても高回転域の空燃比にあわせて

減量をすると低回転域では薄すぎるということが

発生します。その逆も同じ。

そこで回転数を8か所にわけ減量のパーセンテージを

変えながらセッティングを行っています。

ハードで空燃比が薄くでている場合は増量を

行う方がいい場合もあります。

エッセにKFターボを搭載という同じ仕様でも

セッティングを行うと微妙にデータは

違ってきます。

エンジンスワップの能力をさらに引き出す

コンピュータセッティングなのでした!

コペン スポーツECUの感想が

コペン スポーツECUの感想が

お客様より届きましたので

紹介させていただきます!

残念ながら写真を撮り忘れていたので

写真は違う車両です(;´Д`)

————————————————–

装着後、信号待ちからのアクセルONで違いが

はっきり体感でき驚きと同時に、

アクセルを踏み込んでの回転数と加速の違和感の無さに

とても運転が楽しくなりました。
 

  
特に感じたのは2500~3500回転のトルクが増した事と

3500~5000回転までストレスなく軽く回って行くと

同時にパワーもそのまま継続し、かつ同期していく事で、

気がつくと今までの感じで走るより速度が出ていて

危ないです(;´Д`)

スピードメーターをよく見て、自制心が倍増しで

必要ですね!
 

コーナリング時の荷重をアクセルでコントロールする際に

もっさりした感じで使い物にならなかった

5000~7000回転が機敏に反応して、

コーナー中のアクセルワークでパワーを制御しやすく

思った通りのハンドリングとアクセルコントロールで

車体を操る楽しみが増しました。

個人的にはこの領域の使いやすさが

特筆する点だと思います。
 

こうなるとLSDが欲しくなってくるのは

私だけでしょうか?(ノ∀`)

HALF WAYでLSDもお願いしようかと思っていますので

その際は、またお願いします。

(原文ママ)
————————————————–

私たちが狙っている部分を的確に

表現してくださっており

しっかり体感いただけたんだなーと

スタッフ一同喜んでおります!

ありがとうございます\(^o^)/

コペン スポーツECUをご使用いただく上での

コペン スポーツECUをご使用いただく上での

注意点をHPにアップしました!!

コペンだけでは無くメインコンピュータの

チューニングでは共通のことですが

まずガソリンはハイオクでご使用ください!

LA400Kの場合、圧縮比が高いためレギュラーで使用すると

ノッキングが発生しやすくすぐに

フェールセーフに入りパワーダウンしてしまいます。

折角のパワーを一切味わうことができなくなるので

ハイオクでお願いします!
 

 

続いてサブコンは外してご使用ください!

これは全車共通なのですが、基本的にサブコンは

センサーやメインコンピュータからの信号を

ごまかして入出力信号を変更しています。

スポーツECUはコンピュータ内部の数値を

変更し最適化しているため、すでに最適化されている

信号をサブコンがごまかしこちらが狙っている

数値通りの動きを行ってくれないため

サブコンは外してご使用ください!

特に燃料・ブースト圧を変更している

サブコンは必ず外すようにしてくださいね!!

 

最後はLA400Kに関してですがブーストコントローラーは

外してご使用ください!

LA400Kのブーストは純正の過給圧制御バルブを

使って制御しているためブーストコントローラーは

不要です。

どうしてもブーストコントローラーでハイブーストに

設定したいという方は、ブーストリミッター等

変更する必要があるため、まずは当社まで

ご相談ください。

 

現在、ブーストリミッターは1.35に設定し

ブースト圧は1.15くらいになるように

設定しているのですが、やはり車の個体差や

走行条件によってはブースト圧が上がる方も

いらっしゃいます。

ご購入後、ブーストリミッターに当たったり

フェールセーフに入りパワーダウンの症状が

出た方はデータの変更を行うため

お気軽にご連絡ください!

自社で全てセッティングしているので

アフターフォローもばっちりなのでした!笑

F3サイズのタービンに交換しているコペンが入庫!

F3サイズのタービンに交換しているコペンが入庫!

現車セッティング前に状態を把握するため

測定してみると…

空燃比が非常に薄い状態!!

この数値は当社では危険とされている領域まで

燃料が薄くなっていました。

ちなみにお客様はこのタービンを使用する場合

ECUはノーマルでいいと聞いたそうです…。

これは危険だと現車セッティングで

燃料を増量!最適化を行いました!

もちろんパワーも入庫時より+13馬力アップ。

実はこのパターン2台目でした。

2台とも薄かったのでノーマルの025タービンから

F3に交換する場合は燃料の増量が必要です!

すでに交換されている方はご注意を・・・。

ちなみに現車セッティングと一緒に

Thermal raditt ラジエターを導入していただきました!

このラジエターコアの厚みが

純正16mmから+6mmアップの

22mmで製作しています!

さらに放熱効率が上がる

Thermal radittを施工しています!!

チューニングを進めていく際には

熱対策にもご注意を!!