アルトターボRS現車セッティング!

アルトターボRS現車セッティング!

EDP-01にて現車セッティングを行いました。

こちらの車両は効率の良い吸排気システムを

装着されていたのでかなり良い方向に

セッティングが完了しました!

このようにつけているパーツによって効率が良いもの、

中にはノーマルよりも悪くなっているものも

実際にはあります。

この効率はダイナパックで測定してみないとわからないので

難しいところではありますがセッティングの前の

パーツ選び、重要ですね!

EDP-01装着完了!

EDP-01装着完了!

本日もLA400Kコペンに燃調コントローラー

EDP-01を装着させていただきました!

EDP-01の中でよくいただくお問い合わせの1つに

ノーマルデータと吸排気チューニングデータの

どちらを選べばいいですか?と質問されます。

吸排気チューニングデータのほうが何だか

早そうに聞こえますがそういうわけではありません!

同じ車両でも吸排気系がノーマルな車両と

エアクリーナーやマフラーを交換している車両では

吸排気効率が変わってきます。

吸排気効率が変わってくるのでもちろん空燃比も

変化してきます。

その空燃比を最適化するための調整が変わってくるため

2種類のデータを用意しているというわけです。

ノーマルデータはあくまでもノーマル車両用のデータです。

エアクリーナーやマフラーなど空燃比に影響を及ぼす

可能性があるパーツを1つでも交換している場合は

吸排気チューニングデータをご使用くださいねー!

とあるジムニーのパワーグラフ。

とあるジムニーのパワーグラフ。

ピークで比較するとパワーが8馬力、トルク1キロ

アップしています。

さて何のチューニングを施したのでしょうか?

実はこれダイナパックの校正を施した前後で

車は全く同じ車を測定した結果なんです。

全く同じ車なので数値は違っても

グラフは同じ形を描いています。

これがダイナパックやローラーシャーシなど

測定器のからくりです。

「俺の車は120馬力!」と言っても測定器や測定日、

環境の変化で数値は変わってしまいます。

数値よりも私たちが注目して欲しいのは

グラフの形です。

例えば中速域でパワーの谷があった車にチューニングを

施し中低速域でのパワーやトルクの落ち込みが

無くなっていればそれはチューニングの効果が

あったということになります。

数値はあくまで目安です。

ということで校正を行ったHALFWAYの

ダイナパックは現在非常に辛口仕様になっています。

校正前後で約15%数値に変動がありました。

やはり道具は定期的なメンテナンスが大切ですね~。

劇的ビフォーアフター!!

劇的ビフォーアフター!!

なんということでしょう!!

匠の手によってまるでのびっきた

ラーメンのようだった配線がすっきり!

グローブボックス裏の空間にさわやかな

風が吹いています!

誤配線や配線トラブルを防ぐためにも

配線処理は綺麗に行いましょう。

EDP-01にて現車セッティング!

EDP-01にて現車セッティング!

燃調コントローラーEDP-01ですが

現車セッティングも可能です!

例えばEDP-01はエアクリーナー、マフラー交換までの

車両を対象に吸排気チューニングデータを設定していますが

著しく吸排気系を変更されている場合は、

データが合わないため、現車セッティングにて

対応しています。

と、このように記載すると吸気にこんなパーツを

装着しているのですがどうですか??

というお問い合わせが増えてきます。

ただ当社製品以外になってくるとどんな仕様で

制作されどれくらい効率が変わるのか

測定してみないとわかりません。

例えば、世の中には交換していても実際に

ダイナパックで測定してみると

効率が変化していないものもあります。

こうなると変な話、吸排気系チューニングデータで

対応可能ということもあります( ;∀;)

ご自身の車の状態がどうなのかわからない場合こそ

現車セッティングがおすすめです。

まずは現在の状態を測定し把握してから

コンピュータチューニングに移ります。

車の健康診断もかねて現車セッティングいかがでしょうか。

コペンが現車セッティングにやってきました!

コペンが現車セッティングにやってきました!

ライトチューン+ブーストアップ仕様でしたが

ブーストが安定せずコンピュータの

セッティングができない…。

原因はEVCのセッティング不足!!

最近のEVCは高機能・高性能すぎて

逆にブースト計1つでセッティングできるものでは

無くなっています。

セッティングする項目が多すぎて

走行中のブーストの変化を可視化、記録できないと

非常に困難です。

走りながらブースト計を見続けても無理です!

もはやEVCをセッティングをするにも

ダイナパックなどの装置にかけないと

EVC本来の性能が引き出せません。

この車両だけではなくEVCがついているのに

ブーストが安定しない車両が非常に多いです。

EVCもセッティングをしなければ宝の持ち腐れですね!笑

EVCを装着してブーストを上げるとブースト特性も

変わるのでEVCもコンピュータも含めた

現車セッティングがおすすめです。

ちなみに当社にてEVCのセッティングを行う場合には

取扱説明書をお忘れなく~!

EDP-01も販売から9年目に突入。

EDP-01も販売から9年目に突入。

実はEDP-01もちょこちょこマイナーチェンジを

繰り返しているんです。

当初に設計した頃、採用した電子部品の中には

生産終了になるものも出てきます。

そのたびに別の部品を選定し必要があれば

基板のパターンを引き直しているんです。

今回も部品の変更に伴いパターンを変更中。

性能に変わりはありませんが見えないところで

バージョンアップしているのでした。

サブコン EDP-01 取り付け中!!

サブコン EDP-01 取り付け中!!

アルトワークスなど新たなラインナップが増え

ハーフウェイ不動の人気No.1✨商品です!!

ありがたいことに現在、製作がおいついておらず

お届けまでに約1週間お時間をいただいております🙈

そのためご予約なしでご来店いただいても

取り付けすることができないことがあります💦

取り付けご希望の際はまずはお電話又は問い合わせ

フォームよりご予約をお願い致します!!

品薄状態が続くほどその実力は折り紙つき!!

燃料を適正な空燃比になるよう調整する

燃調コントローラーEDP-01!!おすすめです😆👍

※facebookに絵文字機能が搭載されているのを知り

さっそく使ってみました!笑

メインコンピュータで現車セッティング!

メインコンピュータで現車セッティング!

有難いことにコンピュータセッティングの

お問い合わせを本当によくいただきます。

その際にご注意いただきたいのですが

どんな車種でもメインコンピュータの

セッティングができるわけではありません。

ハーフウェイで書き換えのできる車種は限られており

このページに掲載されている車種しか基本的には

メインコンピュータでのセッティングはできません。

http://www.halfway.co.jp/ecu_main.html

ここに掲載されていない車種に関しては

EDP-01やe-manageなどのサブコンピュータや

motecなどのフルコンピュータの本体が必要に

なってきます。

例えばLA400Kコペンやアルトワークスなど

メインコンピュータの書き換えができるように

鋭意開発中ですが現時点ではサブコンピュータを

使用してのセッティングしか対応ができません。

LA400Kコペンのタービン交換などのチューニングを

現時点であまりお勧めしていないのはこの部分が

ネックになっているからなんです。

サブコンピュータでセッティングできる範囲には

限界があることと本体代が必要になるので費用が

高くなってしまいます。

メインコンピュータの書き換えができるようになれば

じゃんじゃんセッティングができるようになるので

チューニングの幅も一気に広がります。

逆を言えばメインコンピュータのセッティングが

できる車種の皆さん、コンピュータチューニングを

しないなんてもったいないですよ!

眠っているポテンシャルを引き出すのは

コンピュータセッティングです!

昨日、長野県よりタービン加工にご来店いただきました!

昨日、長野県よりタービン加工にご来店いただきました!

遠方からでもハーフウェイのタービン加工をしに

ご来店いただける秘密はやはりコンピュータ!

タービンを加工するだけでは車は早くなりません。

加工済みのタービンにあわせた絶妙なコンピュータ

セッティングがポイントです。

事実、タービンだけを加工、交換されたお客様からの

リセッティングの仕事やお問い合わせが

後を絶ちません。

タービンなどのハードを変えた場合、その時点で

ノーマルではありません。

その個性にあわせたコンピュータセッティングが

必要となります。

ぜひハーフウェイ特性のコンピュータ味わってみて

くださいね!

また、ご来店は難しいという方、タービンと

コンピュータだけを送っていただいてもOKです!

皆様のご来店お待ちしております!!