エンジンスワップに隠れがちですが

エンジンスワップに隠れがちですが

エンジンルームもてんてこまい!

内燃機屋さんに送るために

F6Aエンジンの洗浄中。

その向こうにはくみ上げを待つE07A。

そしてその向こうにはKF-VET。

最新のエンジンで新しい技術を見ながら

知り尽くした古いエンジンを丁寧に

組み上げていく。

30年にわたりエンジンをくみ上げてきた

ハーフウェイがお届けする

コンプリートエンジンです。

LA400フロントロアアーム メタルピロブッシュ

LA400フロントロアアーム メタルピロブッシュ

10月より発売開始決定となりました!

フロントロアアームのブッシュをピロ化すると

加速時やフルブレーキング時のブッシュの

たわみが無くなり操縦安定性が飛躍的に上がり

サーキットはもちろんストリートでも絶大な

安心感をドライバーに与えてくれます。

LA400コペンはボディ剛性が抜群にいいため

ピロの効果を格段に発揮します。

ボディ剛性が弱い車をピロ化してしまうと

ピロに負けてしまうんです。

メタルピロブッシュの打ち込みには特殊な冶具が

必要になるためロアアームに打ち込んだ状態で

販売予定です。

LA400コペンの皆さん、もう間もなくです!

続報をお楽しみにお待ちください!

皆さん興味津々のセラミック系断熱塗装!

皆さん興味津々のセラミック系断熱塗装!

気になるという声を続々といただいております!

さて気になる中間結果ですが、実走したところ

レスポンスが非常にいい!!

特に立ち上がりのレスポンスがいいんです!

今回の仕様はエンジン、タービンはノーマルですが

少しブーストを上げサブコンでセッティングをしています。

ダイナパック上で現時点で軽く85馬力オーバーを確認。

フルノーマルでブーストアップ+サブコン仕様では

いくら頑張っても出なかった数値なので断熱効果ありかも!?

ただ、毎回書いているようにダイナパックの測定日が違うと

数値の比較はできませんが、実走による体感の部分では

ハーフウェイの複数のスタッフが走行し

「立ち上がりのレスポンスがいい!」

「気持ちよく吹きあがる!」

「LA400コペンの街乗り仕様であればこれで十分!」

と好評価でした。

今後、マフラーにもこの断熱塗装を施工し

排気全てを断熱するとどうなるかのテストを

行う予定です。

まだまだテストは続きます!

いくつもの顔を持つセラミック系コーティング。

いくつもの顔を持つセラミック系コーティング。

前回、ご紹介したのは断熱塗装。

今回はLA400Kコペンのラジエターに

放熱塗装を施してみました。

LA400Kコペンはラジエタースペースが決まっているため

大容量ラジエターの装着が厳しい状況です。

そこでこの放熱塗装をテストしてみることにしました。

ちなみにラジエターの容量も約30%アップしています。

ダイナパックの測定では巨大扇風機で風を送っていますが

アイドリングから全開まで風量は一定です。

実走では速度によって走行風は変化するため

一概には言えませんが、現時点ダイナパック上で

明らかに放熱効果がアップしているのは確認できています。

通常、ダイナパック上で全開を繰り返すと水温は100℃を

オーバーしてしまいますが、風量は一定にもかかわらず

全開を連続しても97、98℃で我慢しています。

実走すればもっと温度に変化がみられるのでは?

断熱塗装に関してもいい結果が出ています。

次回また詳しくご紹介しますね。

先日ご紹介したセラミック系断熱塗装

先日ご紹介したセラミック系断熱塗装

実際に車両に装着してみました。

今からテストに入ります。

ひとまずダイナパックと実走で

グラフに現れるのか、体感できるのか

調べていきます。

さぁ、どうなるか!

私たちも楽しみです!

LA400コペン メタルピロブッシュ!

LA400コペン メタルピロブッシュ!

量産品の最終試作品をジムカーナに参戦している

コペンに装着して競技中のフィーリングはもちろん

会場までの移動中の操縦安定性などを評価してもらいます。

量産品も着々と製造中。

販売時期が決まったら改めてご紹介します!

LA400コペンのチューニングに新しい切り口で

LA400コペンのチューニングに新しい切り口で

開発テストを開始しました。

LA400コペンのEXマニ、タービンハウジング、触媒に

セラミック系の断熱塗装を施工。

この断熱塗装また詳しくご紹介しますが

半端なものではありません。。。

まず、この3か所を断熱することによって

外部に熱を発生させずに内部の排気ガスを高温のまま

マフラーへと送ることができます。

高温のまま排気ガスを送れば

排気効率がアップしタービンも低回転から立ち上がるのでは!?

外部には熱を発生しないのでエンジンルームの雰囲気温度も

下がるはず!

雰囲気温度が下がれば吸気の温度も下がるため

充填効率が上がりトルク、パワーアップ!!

早速、実車に装着してテストをしてみます。

これが私たちの考え通りの結果が得られれば

LA400コペンの新たなパワーアップチューニングとして

使えるかも!!

結果はまた報告します!!

LA400コペン メタルピロブッシュ!

LA400コペン メタルピロブッシュ!

量産品の最終的な装着のために

別の車両でもフィッティング!

製品版はピロ単体、ピロを打ち込んだ新品のアームと

2形態で販売予定です。

先行で購入される方には特典があるかも!?

発売日が決まればまたご紹介します!

こちらのコペンはMT化!!

こちらのコペンはMT化!!

実はハーフウェイでタービン加工を

していただいたんですが

加工後、よく走るようになり

オートマのままでは物足りなくなってきた!!

と今回MT化をすることになりました!

どんな車でも体感できるチューニングを施すと

どんどん走りが楽しくなりこちらの方のように

MT化をしたりさらなるチューニングへと

進まれるようになります。

逆を言うとパーツを変えても体感ができなければ

面白味も半減しますよね。

ハーフウェイでは”効果がある・体感できる

チューニング”をモットーにしています。

LA400コペンの皆さーん!

LA400コペンの皆さーん!

LA400コペンも発売から3年が経ち

そろそろこの辺でハーフウェイの

本気のパーツ見たくないですか??

実はハーフウェイでLA400コペン用に

一番最初に作られたパーツがこの

メタルピロなんです!!

どうしてすぐに販売しなかったかというと

3年前の発売時から現在までデモカーに装着して

経年テストをしていたんです!!!

3年間装着しても全く問題なく発売に向けて

GOがかかりました。

再度、試作を製作し装着テストを行います。

これでようやく製品版の製作に着手します。

10月ごろの販売を目指しております!

長らくお待たせした分、販売スタート時には

ちょっといいことあるかも!

そしてLA400コペン本気のパーツはここから

まだまだ続きます!!お楽しみにっ!!