HALFWAY春のタービンチューン祭り3日目!!

HALFWAY春のタービンチューン祭り3日目!!

続いては静岡県からL880Kコペンの

タービン加工+現車セッティングにご来店いただきました!

タービン加工にメタルキャタライザーをセット!

その他にもたくさんパーツがついていたので

現在の仕様にあわせたコンピュータセッティングを

行います!

現車セッティングはフルオーダーメイド。

チューナーがこの車の現在のパフォーマンスを

最大限に引き出します。

通常、タービン加工は日帰りメニューになるのですが

現車セッティングを行う場合は1泊2日お時間を

いただいております。

神戸観光も兼ねて現車セッティングいかがでしょうか??

続いてはLA400Kコペン!

続いてはLA400Kコペン!

こちらの車両、タービンまで含め様々なパーツを

交換しているのにコンピュータはノーマルのままとのこと。

お客様ご自身も装着したパーツの性能を感じるどころか

逆にちょっと違和感を感じ、やはりコンピュータ

セッティングが必要かとはるばる神奈川県から

ハーフウェイにご来店いただきました。

お客様のリクエストによりe-manageでセッティング!

常々私達がうたっている

「パーツを変えたらリセッティング!」が

浸透してきたようで嬉しいですね!

今週はHALFWAY春のタービンチューン祭り!!

今週はHALFWAY春のタービンチューン祭り!!

ピットのあちこちでコペンのタービンチューンが

行われています!

まずはこちらの奈良県からお越しのL880Kコペン。

仕様はタービン加工+メタルキャタライザ+エアクリーナー!

吸排気系を一気に交換してしまいます!

L880Kコペンのパワーアップの邪魔をしている

原因の1つが排気の詰まり。

排気の詰まりの解消はエンジンに近い方から

行う必要があるため、タービンホイールの径を拡大、

スポーツ触媒で詰まりを一気に解消します!

排気の流れが良くなれば今度は吸気。

スポンジ剛性が高く、低速から高速域まで吸気効率が

変化しないITGエアクリーナーキットをセットします。

そしてこれにあわせたHALFWAYスポーツECUを

あわせればパワーアップしたL880Kコペンの完成です!!

#DAY1

L880コペン タービン交換!!

L880コペン タービン交換!!

HKS DX30kai をチョイス!

なんとこちらのコペン、はるばる鹿児島県から

陸送でHALFWAYにやってきました!!

陸送サービスのおかげで有り難いことに全国から

ご来店いただいております!

タービン交換も終わり明日、現車セッティングに

取りかかります!

L880Kコペンはメインコンピュータがセッティング

できる分、あらゆるチューニングにも対応可能!

やはりメインコンピュータがセッティングできるのは

いいですね!!

サスペンション部門はスプリングのテスト中。

サスペンション部門はスプリングのテスト中。

自社で組み立てのできるCAT WALK Type-Rでの

テストはもちろん行いますが

スプリングのテストとあって他社メーカーの

ショックにも組み換えテストを行います。

走行をしてはショックを組み替えまた走行。

組み合わせを変えながらテストを繰り返します。

よりよい物作りには見えないところでの

手間暇がかかっています。

サブコンピュータと言えば購入者が自身で

サブコンピュータと言えば購入者が自身で

セッティングを行うものがほとんどですが

ハーフウェイがお届けする燃調コントローラー

EDP-01はスポーツデータが既にプログラムされている

状態でお届けしています。

ハーフウェイではコンピュータセッティングの際に

あらゆる機材で現在の車両のデータを測定しています。

空燃費計を装着し空燃費の変化を確認しながら

ダイナパックという装置で負荷や回転数を変化させ

走行状態を作りパワーを測定しています。

もしEDP-01をデータが入っていない状態で販売しても

このような測定器も無い環境では車両の性能を

引き出すことはできません。

実際に計器を使い一番出力の出るベストなデータを

プログラムしどのお客様の車でもお手軽に

再現できるのがベストだとハーフウェイでは

考えています。

また吸排気系がノーマルの状態と社外品に

変更した場合では空燃費の数値が変わるため

ノーマルデータ、吸排気チューニングデータと

2種類を販売しています。

このセッティング済みのスポーツデータが

EDP-01人気の理由です。

L880Kコペンも発売から15年。

L880Kコペンも発売から15年。

そろそろメンテナンスが必要になってきました。

今回こちらの車両もラジエターを交換することに

なったのですがアッパーホースを外すと

腐食がひどく穴が…。

万が一水漏れでもしていたら大変でした。

前にもニップルが腐食していたものを

ご紹介したのですがL880Kコペン

ウィークポイントの1つです。

やはり年式、走行距離にあわせてメンテナンスは必須。

純正のラジエターに交換してもいいですが

せっかく交換するのであればアルミラジエターに

交換してはどうでしょう?

こちらの車両は腐食が進んでいたこともあり

アルミラジエターに塗装を施したものを装着しました。

お住まいの地域によっては塗装した物を

購入していただくことも可能です。

これから長く乗るためにも愛車の各部

見直してあげてくださいね!

コペンセロが入庫。

IMG_3054

コペンセロが入庫。

ことの発端はEDP-01をご自身で取り付けられたのですが

ブーストが上がらず走らないとのこと。

配線不良を疑ったのですが、お近くの方だったので

ご来店いただきました。

ご来店いただくと明らかにタービントラブルの雰囲気。

そこでパイピングを外してみるとエアクリーナーの

取付ボルトが外れそれをタービンが吸いこんでしまい

写真のようにタービンアウトーーー(((( ;゚Д゚)))

エアクリーナーもご自身で取り付けたとのこと。

タービン交換をすることになりました…。

タービンやエンジンブローに繋がるような重要な

場所の部品の取付は取り外しは慎重に行ってくださいね!

当社としてはやはりプロショップでの取付を

お勧めします。

レース用JBエンジン製作中!

レース用JBエンジン製作中!

前回の投稿でお話したように高回転、ハイパワー、

ハイブーストに耐えるためにはハード作りが

欠かせません。

この鍛造ピストンがいい例です。

JB用の鍛造ピストンは以前から販売しているのですが

何度も設計変更を加えリニューアルしているのを

ご存知でしょうか?

以前製作していた物から圧縮比を変更し

ピークパワーはもちろんのこと中低速のレスポンスを

大幅アップさせました。

素材は以前と変わらずGTなどの最高峰レースシーンでも

使用されている贅沢な鍛造素材から総削りで製作し

高強度、高信頼性の物を使用しています。

ノーマルから鍛造ピストンに変更することにより

初めて高回転、ハイパワー、ハイブーストに

ピストンが耐えられるようになります。

それにしてもシリンダー内に入れてしまうのが

もったいないほど外観も美しい鍛造ピストン。

まさに造形美です。

JBエンジン with F4タービン!!

JBエンジン with F4タービン!!

競技車両に搭載していたエンジンですが

今年のシーズンが始まる前に状態を

見がてらオーバーホールします!!

シーズン開幕にむけて各車メンテナンスの時期ですね。