KFターボエンジンスワップ!!

KFターボエンジンスワップ!!

今回搭載するエンジンは21,000km!

外観はとても綺麗ですが

ちゃんとオイルメンテナンスをしているか

タペットカバーを開けて

カム周りを確認!

タペットカバーを開ける際に

様々な部品を外しながら周辺も

目視で点検しています。

手間をかけてでもお客様のために

外観だけでなく中身も

優良のエンジンを搭載しているのでした!

ミラL275KFターボコンプリートカー!

ミラL275KFターボコンプリートカー!

もちろんMT車です!

だいぶん前に製作していたのですが

外観の赤色がぼやけていたので

塗装に出ておりました!

とっても綺麗になって帰ってきましたよー!

ということで近日中古車のページに掲載します!

車の乗り換えを検討中の方はぜひ!

MR-S with VTEC!!!

MR-S with VTEC!!!

トヨタのボディにホンダのエンジンという

他メーカースワップを行っているので

ハーフウェイには毎日

この車にこのエンジンは載りますか?

というお問い合わせが個人の方、業者の方

含めて多数寄せられています。

ただ、残念ながらほぼ答えはNO。

できない車種もあれば、できても現実的に

製作ができない物がほとんです。

他メーカースワップの場合、ハードルが山盛り。

例えばドライブシャフトを1つとっても

MR-S with VTECだけの専用品を製作しています。

ハーフウェイではMR-S with VTECをたくさん

生産しようとドライブシャフトを製品化していますが

他メーカースワップを1台だけ行う場合は

このドライブシャフトをワンオフで制作しなければ

なりません。

また、ドライブシャフトは改造検査を取得する際に

強度を証明する必要があり

ドライブシャフトの引張試験を行っています。

この試験やドライブシャフトの設計、型代などは

製品化することにより現実的な部品代に

落とし込むことができますがワンオフ対応となると

この費用全てをお客様が負担することに。

これがドライブシャフト以外にもほぼ全ての場面で

発生するため、たとえハード面や制御面で

ハードルをクリアできても現実的な費用になりません。

いくらかかりますか?

と聞かれますが金額をお答えできないのもこのためです。

本気でMR-S witv VTECを量産するために

このハードルを全てクリアして

実現されたMR-S with VTEC。

なかなか凄くないですか??笑

とたまには自画自賛するハーフウェイでした!笑

エッセ エンジンスワップ!!

エッセ エンジンスワップ!!

先日、納車したお客様より嬉しい

メッセージをいただいたので

ご紹介させていただきます!!

 
———————————————————————

この度は何かと便宜を図っていただいたうえ、

楽しいクルマに仕上げていただき、

本当にありがとうございました。

ケミカルの効果も十分に体感しつつ、

CVTのような滑らかさに驚きました。

特にトルク。高速道では常に4速トップギアのままで、

変速ストレスなく快適走行でした。

当地は坂道と狭隘路が多いため、パワーが無くても

軽自動車は本当に重宝されています。

特に坂道発進時はエッセの非力さに嘆いていたのですが、

これも今や昔のこと、さっそく本日、当事務所職員も

とても快適走行となったと喜んでます。

せっかくの調整設定が無駄にならないよう大切に

取り扱って、できるだけ長く乗り続けたいと思います。

この度は本当にありがとうございました。

———————————————————————
 

オーナー様以外にも職員の方やご友人の方にも

楽しんでいただけているようで何よりです!

お客様が楽しめる車作りをモットーに

これからもエンジンを載せ替え続ける

ハーフウェイなのでした!!!

エッセKFターボスワップ!

エッセKFターボスワップ!

ハイパワーメニュー施工!!!

今回のお車もいい感じに仕上がっています。

当初、エッセターボを作った時には

JBエンジンを搭載していたのですが

現在はKFターボエンジンが主流になっています。

以前はパーツも多くその後のチューニングを

楽しめていたJBエンジンですが、

タービンなど廃番商品も増えてきました。

また、JBエンジン自体、程度の良い中古品が

ほとんどありません。

以前はチューニングのできなかったKFエンジンですが

今ではハイパワーメニューでセッティングをしたりと

昔にくらべできるメニューが増えてきました。

時代の流れと共にエンジンスワップも

進化していっています。

エッセ KFターボスワップ!!

エッセ KFターボスワップ!!

エンジンスワップのオーダーをいただく中で

1番多い組み合わせかもしれません。

連日、エンジンスワップのお問い合わせを

いただくのですが、この車にこのエンジンは

搭載できますか?というご質問が多いです。
 

エンジンスワップはハード面の問題もありますが

実現には改造検査のハードルがあります。

年式の新しい車両に古いエンジンを搭載して

公認車検を取得するのは排ガス等の

規制面でかなり難しいです。

例えばLA400KコペンにJBエンジン搭載や

HA36SアルトにK6Aエンジン搭載は

なかなか実現が難しくなります。

排ガス試験を取得すれば可能性は上がりますが

費用的に現実的ではありません。

比較的、古い車体に新しいエンジンの方が

ハードルは低いのでお考えの際の目安に

なさってください!

ちなみに費用を聞かれることも多いのですが

当社が行っていない組み合わせの場合は

事前に算出ができませんのであしからず…(;’∀’)

エンジンスワップに次いで多いのが

エンジンスワップに次いで多いのが

マニュアル化のお問い合わせ。

近年、マニュアルの設定がない車両も

増えているのでマニュアル化をご希望される

お客様が多くいらっしゃいます。
 

中でもマニュアル化にかかる費用を安く思われている

方が多い印象ですが、マニュアル化って非常に

大変なんです。

ミッションだけマニュアルになれば

マニュアル化だと思っていませんか???
   

マニュアル化に伴い、発生するのが

フライホイール、クラッチセットなどの部品。

そして室内ではクラッチペダル増設に伴い

ブレーキペダルの改造、シフトレバーやシフト

リンケージが必要に。

その上、ベンチシートの車両はキック式の

サイドブレーキからハンド式のサイドブレーキに

変更が必要です。

ハンド式にするにはシートもセパレートの物に

変更しなくてはいけません。

使用する部品代だけでもかなりの額に…。

さらに改造検査が必要になるので

改造検査取得費用がかかります。

作業もミッションだけ降りる車種ならいいのですが

エンジン脱着を伴う車両もあります。
  

これだけの費用と作業時間がマニュアル化には

必要なんです。

マニュアル化を単体で行うと費用対効果が

あまりよくないのでエンジンスワップと一緒に

行うのがオススメです!!

部品代は同じだけかかりますが、エンジンを下すため

作業がしやすく重複する作業も多いので

工賃も単体で行うよりお安くできます。

完成時に、マニュアル化だけと

マニュアル+ターボでは後者の方が

お得感が高いですよね!
 

皆さんの想像より意外と大変なのが

マニュアル化でした!!

エッセ エンジンスワップ!!

エッセ エンジンスワップ!!

先日納車したお客様から嬉しいメールを

いただいたのでご紹介いたします!!

 

 
エッセ!

もう加速とトルクが別物ですね。

NA時代は加速したい時、高回転まで引っ張って

シフトアップしていたのを5速ホールドのままでも

アクセルを踏めばとめどなく加速するようになりました。

モリモリのトルクで「なんじゃ~これは!」の

レベルです。

MT車に乗っていることを忘れてAT車のように

運転が楽になりました。

気持ちよく加速を楽しみたいならばギヤを落とし

引っ張れば、もう別物の加速を体感できます。

エッセの運転が最高に楽しくなりました(笑)

すばらしい車に仕上げていただき感謝です。

やっぱりハーフウェイさんは信頼できるショップで

間違いがありませんでした。

このエッセは、今まで以上に大事にしていきたい

と思います。 

 

スーパーイエロー早速、注入しました。

教えてもらったとおりエンジンが熱い状態で、

これでもかというくらい振って注入し

10㎞程度走り馴染ませました。

感想ですが、エンジン音が静か!

踏めば更にトルクフルかつ軽く回るようになりました。

これはすごい!リピート決定です。
 
(原文ママ)
 

  
エッセの運転が楽しくなったというのが

何より一番嬉しいですね!!!!

『楽しいから車を大切にする』

メンテナンスが疎かになっている方は

その車の楽しさが足りないのかもしれません。

1人でも多くの方に車が楽しくなった!と

喜んでもらえるように今日も手を動かす

ハーフウェイでした!!

MR-S with VTEC!!

MR-S with VTEC!!

VTECを搭載後、サーキット走行を楽しまれている

お客様からの依頼でオイルクーラー取り付け中。

オイルクーラー取り付けの言葉だけだと

非常に楽そうな作業ですが、

何もない空間にその車の仕様や使い方を考えながら

ラインの取り回しや取り付け方を決めるのって

なかなか大変なんですよね。

ハーフウェイのデモカーにも

オイルクーラーを装着していましたが

マフラーが違っていたり、4スロを装着していたりと

同じラインで取り付けすることができません。

お客様のハードな走りに耐えらえるように

この車にあったラインで取り付けを行っています。