ミライース KFターボスワップ完成!!!

ミライース KFターボスワップ完成!!!

すでにエンジンもかかっております!!!

続いてはブーストアップバージョンで

セッティング予定!!!

さぁどれくらいのパフォーマンスがでるのか

こうご期待あれ!!!

MR-S with VTEC完成が近づいてきました。

MR-S with VTEC完成が近づいてきました。

ライトウェイトミッドシップスポーツMR-Sから

唸るVTECサウンド。

この車の魅力は乗った人にしかわかりません。

心を加速させるMR-S with VTEC。

今でも根強い人気です。

搭載ターボエンジン製作中!

搭載ターボエンジン製作中!

毎日ご紹介しているようにエンジンスワップの

勢いが止まりません!

全国各地からどんどん車両が入庫してきている状況です!

そのため店長はピットでいつ見かけても

エンジンを降ろして積んで降ろして積んで

また降ろしてまた積んで。

皆さんのいいね!で店長を応援してやってください(;^ω^)

続いてのエンジンスワップはこちら!

続いてのエンジンスワップはこちら!

エッセにKFターボエンジンスワップ!

こちらの車は千葉県袖ケ浦市より入庫しました。

先日は九州からの入庫が多かったのですが

現在は関東そして四国からのお車がたくさん入庫中です!

全国的にスワップの輪が広がっています(^o^)/

ミラジーノL700にEFターボをスワップ中。

ミラジーノL700にEFターボをスワップ中。

L700にはターボ仕様が存在しますが

搭載するエンジンは違う型式の車両に搭載されていたものです。

L700に搭載されているエンジンを使用すれば

本当に楽々にエンジンスワップが完了するのですが

それではわざわざエンジンスワップをする旨みが減りますよね。

実は今回搭載しているエンジンのメインコンピューターは

当社でセッティングできるコンピュータのため

エンジンと一緒にコンピュータも変更すれば

スポーツECUや現車セッティングといった

コンピュータチューンを楽しむことができます。

また、L700より高年式のエンジンのため、程度の良いものが

残っており28,000kmの美エンジンを搭載することができます。

このために手間はかかりますが搭載のための部品を

制作しなおしてでもこのエンジンを積むんです。

補器類をL700搭載のものと交換すれば作り直さなくても

いい部品もあるのですがやはり補器類も28,000kmのものを

使いたいのであえてエンジンに合わせてステーや

ブラケットなどを作っています。

手間暇が増えてもお客様にいいものを提供したい。

これもハーフウェイのこだわりの1つです。

続いてのスワップはEFターボスワップ!

続いてのスワップはEFターボスワップ!

埼玉県から入庫の車です。

同型式エンジンスワップは比較的

納期も早くお薦めのチョイスでもあります。

最近は本当にエンジンスワップのお問合せが多く

スワップ文化が浸透してきたのかと思うと

うれしいかぎりです!

世のパワー不足になげくお客様のために

今日も日夜、エンジンを積み変えます!

KFエンジンスワップ 裏メニュー!!

EPSON MFP image

KFエンジンスワップ 裏メニュー!!

エンジンスワップ後にさらなるパワーを!

という方への裏メニューを施工。

◆エンジンスワップのみ

パワー60PS、トルク 9.5キロ

◆エンジンスワップ+裏メニュー

パワー75.9PS、トルク 11.5キロ

と約15PSのパワーアップを実現しました!

元々のNA車時代から考えるととんでもない

パワーアップですよねΣ(゚Д゚)

オーナー様はNA時代しかご存じないので

生まれ変わった愛車に驚くこと間違いなし!?

ハーフウェイはパワーを求める方の味方です。笑

コンプリートカーとして販売していたエッセ。

コンプリートカーとして販売していたエッセ。

無事にご成約いただき現在、改造検査取得の準備中。

ハーフウェイのエンジンスワップ車は全て改造検査を

取得してからお客様に納車しています。

1度改造検査を受けておけば、2年後は通常の車と

同じ車検を受ければOK!

改造車だからといって何一つ特別なことはありません。

遠方だからとその後を心配される方もいらっしゃいますが

普通の車と同じオイル交換などのメンテナンスや車検を

受けるだけです。

エンジンスワップ車といっても製作段階が特殊なだけで

お客様の手元では至って普通の車と同じです。

ご安心くださいね!

搭載前のエンジンハーネスを処理中。

搭載前のエンジンハーネスを処理中。

チューニングカーの抱えるトラブルの内、

大半を占めるのが配線によるトラブルです。

少しでもそのトラブルを減らすため、

入手可能な部品はコネクタピンを1本ずつ

抜き変え別のカプラに作り替えています。

時間はかかりますがこの手間暇をかけることで

配線トラブルの可能性をぐっと抑えることができます。

エンジン搭載前そして搭載後の配線処理が

エンジンスワップのキモでもあります。